« 非正規雇用という言葉 | トップページ | ようやくかという印象 »

損害賠償金の支払い

今日の中日新聞の朝刊に、犯罪の損害賠償金の支払われていないことが掲載されていました。

刑事事件の裁判と損害賠償を求める民事訴訟は別の扱いです。

支払われない損害賠償金を求める場合には、請求するために裁判を起こす必要があります。

その裁判で請求が認められると、損賠賠償の金額が決まります。

でも、そこからが日本の問題だと思います。

相手が支払ってくれないと、そこから労力とお金が必要になります。

支払い義務のある相手のお金がどこにあるのか、分かりません。

いろんな書類を作って、お金のある所(あるいはお金に変わる物)を特定する手続きを、裁判所で行わなければなりません。

それから、それを処分されないように確保する手続きを、やはり裁判所で行う必要があります。

一般人には、とても大変なことです。

損害賠償を求める民事訴訟で、お金のある所(あるいはお金に変わる物)の特定と、処分されないように確保することまで、セットで行う仕組みにはできないのでしょうか。

被害者の救済を、自分でやりなさいという仕組みは、被害者の心情を理解していないなと嘆くレベルだと思いますが、何とも変わらないのでしょうか。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 非正規雇用という言葉 | トップページ | ようやくかという印象 »

法律」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。