« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

本当に出す状況ではないのだろうか


新型コロナウイルスが感染拡大の状況になっていると思うのですが、政権側は緊急事態宣言を出す状況にない旨の発言を繰り返しています。

でも、報道によると感染者数は高い数値を続けており、保健所の業務はとんでもなく忙しくなっているそうです。

保健所の業務のとんでもなく忙しくなっている状況から、医療現場が忙しくなった状況に移行したら、緊急事態宣言を出すのでしょうか?

Go To キャンペーンをスタートさせたのは、感染拡大とは関係のないことを、よほど政権側が自信を持っていないと普通はできないことだと思います。

都道府県の対応に関する報道が多いのに比べて、政府の具体的な対応が見られないと感じるのは私だけでしょうか?
(自信を持っているから、する必要がない?)

最近はテレビ画面に、安倍総理大臣の登場する機会も少ないように感じますが間違いでしょうか?

政権は専門家の意見を基に判断しているようですが、政権に都合の悪いことを言わない専門家ばかり、なんてことはないでしょうね。

個人的には感染者数の数が気になり、緊急事態宣言が発令されていたころよりも、外出時の感染の可能性が高くなっているのではと思っております。
(私には、緊急事態宣言で予定の変更、感染者数の増加により予定の再変更をした懸案があります。)

今の状況は、自己責任で、自分で身を守れ、と言われているのと、あまり意味が変わらないと感じます。

本当に緊急事態宣言を出す状況ではないのだろうかと思っても、外出時にマスクを着用するぐらいのことしかできないのですが・・・・。
(マスクを使用しない人は、政府が配っても使用しないみたいですね。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »