« マスクは届かないけれど | トップページ | 問題が生じても委託先の問題か »

本当の感染状況を把握できていないはず

緊急事態宣言解除後に、新型コロナウイルスの感染者が増加している地域の報道が流れていますが、これは予想されたことではないでしょうか。

日本は人口当たりの検査人数が少ないので、本当の感染状況を把握できていないはずです。

日本で検査の対象になった人は、明らかな症状を自覚している人であり、その中から感染者としての人数が数えられます。

だから、とても軽症であったり、自覚するほどの症状でない人は、検査の対象になっておらず、人数として数えられることはあり得ないでしょう。

緊急事態宣言期間中に感染者が減少していったのは、外出や営業を自粛した効果があったのだと思います。

つまり、感染者として数えられていない感染者が自粛していたから、他の人に感染させる機会が少なかったということだと思います。
(感染していない人も、行動を自粛していたので、さらに効果があったのでしょう。)

緊急事態宣言解除後は感染者として数えられていない感染者の行動が増えますから、他の人に感染させる機会が多くなる、ということです。

マスクやフェースシールドを、自身の発する飛沫で他人に感染させないために用いることからも、自分が感染しているかどうか不明というところから、対策はスタートしています。
(マスクもフェースシールドも期待される効果は、自身の発する飛沫で他人に感染させないという目的であり、空気中に浮遊するウイルスが口や鼻に入り込むことを防ぐ効果は小さいのです。)

ですので、緊急事態宣言解除後に行動の自粛が緩和されるには、もっと多くの人に検査を実施することが必要であり、それにより隔離を徹底することが可能であると考えます。

以上は、素人である私の考えですが、把握されていない感染源となる可能性のある人は、依然として多数であると思われ、以前の生活に一気に戻ることはあり得ないと考えます。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

 

|

« マスクは届かないけれど | トップページ | 問題が生じても委託先の問題か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マスクは届かないけれど | トップページ | 問題が生じても委託先の問題か »