« 大河ドラマの見直しも | トップページ | 変形労働時間制のデメリット »

安倍晋三首相の様子から

「桜を見る会」について、安倍晋三首相、政府の対応を皆さまはどのようにお考えでしょうか?

森友学園問題、加計学園問題のときと同様に自らの側で、きちんと立証することはないだろうなと思っていましたが、やっぱりですね。
(安倍晋三首相の様子から、自分の考えを話せばそれで立証が済んだと考えているんじゃないかと、思えてしまいます。)

招待者の人数、選び方、招待者名簿の保存期間の短さ、反社会的勢力が参加していた疑い・・・・理解に苦しむことばかりです。

自民党は安倍晋三首相を守る側ですから、野党議員の数を考えると国会での追及は困難でしょう。
(これも森友学園問題、加計学園問題のときと同様ですね。)

要するに、安倍晋三首相を応援している人、贔屓している人が損していなければ、問題ない、ということなのでしょうか。

ただ、安倍晋三首相を応援している人、贔屓している人が損していなければ、問題ないという理屈であったとしても、「桜を見る会」の費用は安倍晋三首相を応援している人、贔屓している人だけで支払っているわけではありません。

安倍晋三首相の様子および「桜を見る会」の問題を擁護している人の主張を見ていると、安倍晋三首相を応援している人、贔屓している人だけの国ではないのにな、と思います。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 大河ドラマの見直しも | トップページ | 変形労働時間制のデメリット »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。