« 家庭裁判所の調停を利用すべき | トップページ | 自転車も一時停止 »

第147回天皇賞(春)(GⅠ)

大方の予想ではゴールドシップ VS フェノーメノということになっていますが、馬券としてはつまらないですな。
(私は馬券を買わないので、関係ありませんが。)

両馬ともステイゴールド産駒ですが、種牡馬として京都の3200mが得意ということではないでしょう。

ゴールドシップは母の父がメジロマックイーンということでスタミナ血統といわれていますが、どうでしょうか。

母そして祖母とたどっていくと、ちょっと不安も感じられます。
(まあ、そろいすぎたら、スピード不足だなんて言われるでしょうが。)

フェノーメノの母系は中距離血統でそろっている感じですが、自身のスタートから位置取りまでがスムーズな脚質は、長距離に適していると思われます。

レースは、先行するフェノーメノをゴールドシップが追いかける形になるでしょうが、3200mでのロングスパートは決して楽ではないでしょう。

他では、高齢の馬ががんばっていますが、穴馬までにはならないでしょう。

個人的には、ブライアンタイムとサンデーサイレンスの血が入ったムスカテールに注目しています。

なお、この情報に基づいて被った損害について、一切の責任を負いません。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 家庭裁判所の調停を利用すべき | トップページ | 自転車も一時停止 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第147回天皇賞(春)(GⅠ):

« 家庭裁判所の調停を利用すべき | トップページ | 自転車も一時停止 »