« 伝わってくるものがありませんでした | トップページ | いじめた側の親の責任について厳罰化すべき »

国民の総意とは異なる場合も多くなる

いろいろな予想どおり、自民党の圧勝と民主党の惨敗ということになりましたね。
(民主党がNoということでしょうが、自民党がYesということでもないでしょう。)

まあ、小選挙区制であることと多くの政党が登場したために、このような結果になったのでしょう。
(投票先を決め切れず、棄権した方も多いでしょう。)

比例代表制の投票先からも明らかなように、自民党が有権者の絶対的な支持を得たわけではありません。

自民党は国会運営を有利に(自在に)行うことができるでしょうが、国民の総意とは異なる場合も多くなるのではと考えます。

考えを伝えていくことが国民にはより求められるでしょうし、それが世論を国政に反映していくことになるのだと思います。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 伝わってくるものがありませんでした | トップページ | いじめた側の親の責任について厳罰化すべき »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民の総意とは異なる場合も多くなる:

« 伝わってくるものがありませんでした | トップページ | いじめた側の親の責任について厳罰化すべき »