« 職場での悩みを第三者に相談することの利点 | トップページ | 民法の改正 »

体罰か教育か

熊本体罰訴訟の判決が、最高裁第3小法廷であったそうです。

YAHOO!JAPANニュースに、記事がありました。
ブログ:薄覧狂気にも、関連した投稿がありました。
ブログ:広島在住司法書士の備忘録にも、関連した投稿がありました。

体罰か教育の範囲内かという問題ですが、現場の教師さんは日々悩まれていると思います。

根本的には親がしつけをしていないということで、子どもにペナルティを課すことができないのならば、親に一定のペナルティを与えることもやむを得ないと、私は思っております。
親がペナルティで困っても、なんとも思わない子どもがいたら、本当のバカ(失礼)ですよね。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 職場での悩みを第三者に相談することの利点 | トップページ | 民法の改正 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体罰か教育か:

« 職場での悩みを第三者に相談することの利点 | トップページ | 民法の改正 »