« 馬券を買わないけど競馬予想 第54回産経賞オールカマー(GⅡ) | トップページ | 大相撲ってスポーツ? »

養育費の支払いをどうやって確保する?

子どもの養育費を負担するのは親の義務であり、離婚をした後も負担する義務が続きます。一般的には、子どもが20歳になるまでは養育費を支払うべき、と考えられています。養育費の支払いは離婚協議書に取り決めておくべき内容であり、離婚協議書の定めがあれば、その定めにしたがうことになります。

残念ながら、『離婚後しばらくしたら養育費を払ってもらえなくなった。』というケースが多いようです。現在の法律の制度が十分とはいえませんが、養育費の取り決めを離婚協議書として作成する、それも公正証書として作成することをお勧めします。

離婚協議書についてのご相談は、行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所へお気軽にご連絡ください。

中日新聞のWebサイトには、養育費関連の記事がありました。

|

« 馬券を買わないけど競馬予想 第54回産経賞オールカマー(GⅡ) | トップページ | 大相撲ってスポーツ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 養育費の支払いをどうやって確保する?:

« 馬券を買わないけど競馬予想 第54回産経賞オールカマー(GⅡ) | トップページ | 大相撲ってスポーツ? »