趣味

CASIO(カシオ) Privia 電子ピアノ PX-S1000

CASIO(カシオ)が数か月前に新しい電子ピアノ(PX-S1000)を発売したこと知っていたのですが、実物を確認する機会がありませんでした。
(CASIO(カシオ)の製品だから、家電量販店に並ぶと考えていたのですが、発表後に何度か足を運んでも置いてなくて、見ることすらできませんでした。)

昨日、Privia PX-S1000BKをようやく見て、しかも触ることができました。そこで、Privia PX-S1000について、いろいろ書いてみます。
(ただし、低い棚に斜めにおかれている感じ(というよりも引っ掛けてある感じといったほうが適切かも)だったので、ちゃんとした高さと向きで置かれていたなら、以下の印象は変わるかもしれませんので、読んだ方はこの点をご了承ください。)

知っていたことですが、サイズが小さくなりました。高さと奥行きが小さくなったのですが、奥行きは一目でそれを実感できました。

奥行きが小さくなるということは、鍵盤の全長が短くなるということですが、そのデメリットはどうなんだろうと思っていました。
(鍵盤は目に見えている部分は規格があるので、どれも同じはずですが、弾いている人の前側の隠れている部分が短くなっていると推測していました。)

鍵盤が短くなると、鍵盤の根元(奥のほう)を押さえるときに、とても力が必要になるのです。
(てこの原理と同様です。)

黒鍵と白鍵を一緒に弾く(和音が一番わかりやすいでしょうか。)ような場合に、どうしても鍵盤の根元(奥のほう)を押さえる必要が生じますが、力の入れ具合をコントロールするのが結構大変になるのです。

昨日私が弾いて確認した限りでは、そのデメリットは小さく感じました。
(これは良いことでしょう。)

PX-S1000の旧(前)モデルはPX-160になるはずですが、 PX-160BKよりも鍵盤の根元(奥のほう)を押さえるときのデメリットは小さいと思いました。
(Privia PX-160も、旧(前)モデルのPX-150よりも改善しているという印象でしたから、良い傾向ですね。)

ただし、PX-160は3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤IIで、PX-S1000はスマートスケーリングハンマーアクション鍵盤であり、異なる鍵盤の形式・構造であるようです。

3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤IIは優れた同音連打の演奏性が売りでしたが、私は鍵盤を強く押さないと弾ける状態まで速く戻ってこないという印象だったので、弾きやすいとは思っていませんでした。

スマートスケーリングハンマーアクション鍵盤は、CASIO(カシオ)のWebサイトでも構造の詳細は書かれていません。私の印象では、電子的な仕組みで同音連打の演奏性を確保しているのかなと感じましたが、より自然な力の入れ具合で弾くことができましたから、良いと思います。

コンパクトな電子ピアノは、部屋数や部屋の大きさなどの自宅の条件から、選ばれる方もいらっしゃると思いますが、長い期間使うことを考えると性能のことも考える必要があるでしょう。

PX-S1000は選択肢の一つになると思いますから、どこかで試しに弾いてくださいね。
(比較対象は、ヤマハ(YAMAHA)のP-125、KORG(コルグ) のB1になるでしょうか。)

(値段はネット通販が安いでしょう。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

第157回天皇賞(春)(GⅠ)

4月も残り少なくなりました。

4月というと昔は過ごしやすかったというか、少し肌寒い印象もあったのに、今では暑いことも珍しくない時季です。

花粉や黄砂というものも、子どものころには意識する必要がなかったと記憶していますから、不都合なものが増えたということですね。

さて、久しぶりに競馬の予想をしましょう。
(馬券は買いませんよ。)

天皇賞(春)は、平成の一桁年代のころまではステイヤーといわれる馬が上位に来ていた印象ですが、サンデーサイレンスの血が入ってからは、スピード・瞬発力がより重要になった感じがしますね。
(平成も終わりが近づきましたね。)

さて、今年は長距離レースで実績があるとされる馬の斤量の経験が、?と思っております。

3200mで58kgは、牡馬にとってもしんどいのだと考えます。

そうなると、レインボーラインかシュヴァルグランかと思いますね。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G1レースの再設定

中央競馬の1年の締めくくりは、有馬記念(G1)という印象の方も多いと思いますが、今年は明日12月28日(木)も開催されます。

馬券を買わず、予想だけを楽しんでいる私には、大した影響はありませんが、競馬の売り上げはどうなるでしょうか。
(普段馬券を買っている人でも、買わない・買うことができない、ということがあるのではないでしょうか。)

さて、明日は、ホープフルステークスという2歳馬のG1レースが行われます。

ホープフルステークスは2000mという距離で行われるため、翌年の3歳馬の距離適性を、推し量る意味もあるのかなと思ったりしますが、2歳馬のG1レースも多くなったというのが、私の印象です。
(3つのG1レースがあるのであれば、牡馬、牝馬、距離の区分を、もっと明確にすべきではと、私は思っております。)

古馬も、私が競馬予想を始めたころに比べると、G1レースが多くなりましたが、海外のレースに挑戦する馬が増えたり、海外からジャパンカップ(G1)に参戦する馬が強くなかったり(?)と、G1レースの格が下がった感じもします。

G1レースの距離別体系とステップレースの適正化で、強い馬の称号としてG1レースを再設定すべきなのではとも、私は思います。
(そのために、G1レースが減ることも、やむをえないのではと思います。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第61回有馬記念(GⅠ)

キタサンブラックにとって、1枠1番は最高の条件ではないか。

スタートですっとハナに立てれば、いつもの先行であっさりかも。

ハナといえば、マルターズアポジーは逃げないと勝負にならないようだから、スタート直後に競り合うと、キタサンブラックは余計な脚を使わされるかもしれない。

そうなれば、後ろからねらっているゴールドアクターやシュヴァルグランにチャンスがあるかも。

さて、初の古馬相手となるサトノダイヤモンドは、強い馬なら最後の直線でとらえるはずだが。

なお、この情報に基づいて被った損害について、一切の責任を負いません。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第51回京都大賞典(GⅡ)

絶対的な馬がいない第67回毎日王冠(GⅡ)は、予想が難しいのでは。

こちらは、キタサンブラックとラブリーデイという予想が多いのでは。

でも、ラブリーデイって、今年は目立っていないのでは。

むしろ、1歳若いサウンズオブアースに期待したい。

なお、この情報に基づいて被った損害について、一切の責任を負いません。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第50回スプリンターズステークス(GⅠ)

短距離を得意とする(というか、短距離しか走らない馬)が、集合するレースの一つ。
(ただし、カーブはあるし、坂もあるから、内枠の馬は、神経を使うのではないだろうか。)

高松宮記念で1着、2着のビッグアーサーとミッキーアイルの評価が高いけれど、1枠1番と休養明けというのが、全く気にならないということもない。
(馬場はどうだろう。)

気になる馬ということであれば、私はブランボヌールとネロである。

なお、この情報に基づいて被った損害について、一切の責任を負いません。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第57回宝塚記念(GI)

ドゥラメンテとキタサンブラックの戦いで、本当に決まりなのか。

ドゥラメンテのレース間隔はどうか、キタサンブラックの距離適性はどうか。

二頭は強いと思うが、2200mだったら、他の馬との差は小さくなるのではないか。

サトノノブレスとトーホウジャッカルが、おもしろうそう。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第153回天皇賞(春)(GⅠ)

先行できる馬が多く集まった。

カレンミロティックとキタサンブラックは、枠順的にも前に出やすいが、3200mの長丁場。

有力馬に利することを警戒して、意外とスローペースになるかもしれない。

ゴールドアクターはキタサンブラックの後ろにつくと思われ、サウンズオブアースとシュヴァルグランは、ゴールドアクターの後ろで続くのではないか。

シュヴァルグランとサウンズオブアースの負担重量を考えると、ゴールドアクター VS キタサンブラックだと思う。

むしろ、最近は元気のないトーホウジャッカルの地力は不気味。

評価が低いサノノノブレスだが、菊花賞は2着だった。

なお、この情報に基づいて被った損害について、一切の責任を負いません。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第151回天皇賞(春)(GⅠ)

フェノーメノの出走回避で、このレースを最も得意とする馬がいなくなったけれど、勝ち馬を探すのが難しくなったということでもないだろう?
フェノーメノの最近は、良い結果が出ていなかったから、衰えがあると考える人も多かったはず。
1頭減って、予想の精度が上がるのではないだろうか。

アドマイヤデウスの日経賞(GⅡ)は、内容がよかったといわれている。
連勝中だから期待したくなるが、58kgという斤量への対応が気になる。

長距離を得意とするウインバリアシオンは、7歳であることと善戦止まりが多いことが心配。

最近のゴールドシップはスピード不足なので、発馬が悪いと難しいと思う。

キズナはスタミナよりもパワーという感じがして、疑問。

ということで、私が選んだのは、フェイムゲーム。
ステップレースとされる阪神大賞典(GⅡ)、日経賞(GⅡ)、大阪杯(GⅡ)には出走していないが、58kgの斤量を経験している。
他の馬の不安要素を考えると、差はないと思えるのだ。
(当てにならない予想だね。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第75回桜花賞(GI)

重賞で牡馬を圧倒したルージュバックが人気だが、勝ったコースが新潟、東京、そして京都。
(しかも、1800m~2000m。)
阪神1600mでは挑戦者ということではないか。

無敗馬の中では中山と阪神で走ったクイーンズリングが上位ではないか。

堅実に結果を残しているレッツゴードンキも面白い。

キャットコインとココロノアイは、スタート次第だろう。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧