日記・コラム・つぶやき

やっぱり早朝

暑い日が続いていますね。

東京オリンピックの競技開始時刻のニュースが報じられていましたが、朝にしたって暑いよ、という感じがします。

時季のことに限らず、東京でオリンピックを開催するのは、他にも問題があるのでは、と思っていますが、ここでは書きません(^-^;。

さて、日本の夏(愛知県尾張地方や岐阜県美濃地方)に関しては、暑いのは、避けられないことです。

でも、あえて、少しでも気温の低い時間を選ぶとすれば、やっぱり早朝ということになりますね。

ですので、早朝に相談、というのをご利用していただきたいです。
(予約をしてくださいね。)

特定行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿からの営業連絡でした。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオの音楽番組

今日は、ラジオ放送の日だそうです。
(現在のNHK東京のラジオ第1放送が、1925年7月12日に本放送を開始したそうです。)

今の若い人は、ラジオをあまり聴かないのかもしれませんが、私の中学・高校のころは、ラジオパーソナリティという職業の人が人気者でありました。
(当時は、ディスクジョッキー(DJ)と呼ばれるのが普通でしたよね。今時のDJとは違いますかね。)

ラジオを聴きながら勉強をするのが、当たり前だった当時の私には、ラジオから新しい情報・音楽を知るということが、本当に多かったのです。

その点では、現在のラジオ放送には、物足りないというか寂しいというか・・・・。
(昔はずっと、ラジオをつけっぱなしでも、退屈にはならなかったのですが、今はつまらないと感じると、スイッチを切ってしまうことも珍しくありません。)

これには、ラジオパーソナリティの話す内容が、昔と比べてどうなのか、ということよりも、今のテレビのバラエティ番組の笑いの取り方に慣れてしまっていることに原因があるのではないでしょうか。

今のお笑い芸人の方というのは、映像がないとおもしろくない方が多いように思うのです。

顔・格好や動作・所作があるから、笑いが取れるのではと、思うことが多いのです。

ラジオから流れるのは音(映像はない)ですから、話す様子・内容で興味を持ち続けてもらうことは、相当の技術が必要だということになるのではないでしょうか。

また、聴くことのみで楽しむことのできる音楽も、同様に少なくなっているような気がします。
(映像があるから、成立しているという感じのアーティストが増えているように思います。)

楽しいラジオ番組を期待することは、本当に難しいのかもしれませんね。

個人的には、物事を深く掘り下げる内容のものを、期待したいです。
(音楽番組の持ち込み企画をやっている放送局があったら、参加したいぐらいですよ。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LEDのヘッドライト

夜間に自動車の運転をすると、ヘッドライトを使うことになるが、最近は対向車のヘッドライトが、とても強く感じられることがある。

局部の様子から見て、LEDのヘッドライトだと思われるが、目に強烈に感じられるものが多いのだ。

LEDは消費電力の少なさや寿命からエコロジーとされているのだろうが、直接的に光が入った人間の目には、優しいものとは思えないのである。

ハロゲンが一般的であったころに、ディスチャージ(キセノンとかHIDとかも同類のはず)の登場時には、その青白い光がまぶしいという話があったと思うのだが、LEDはディスチャージよりも直接的というか痛い感じがしてしまう光であるように思う。

歩行者がどのように感じているかは知らないが、対向車からのLEDの光をつらいと感じている運転者がいるのではと思うのは、私だけだろうか。
(眩惑状態になってしまうのであれば、危険である。)

また、ハロゲン、ディスチャージ、LEDといった違いにより、明るさの差が大きくなるのであれば、暗いヘッドライトを使用している運転者は、より見づらくなるはずなので、明るさの差を小さくする(明るさを同じぐらいにする)ことも、本来は必要なのだろうと思う。
(明るいほうが見やすいが、自分の車のヘッドライトの明るさを求めることによる弊害の可能性があるのではないか。)

LEDのヘッドライトは、普及が進むだろうが、上記のような点がどのようになっていくのか、注目していきたいと思った。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっせんを在職中に利用していただきたい

社労士会労働紛争解決センターの平成28年度(29年ではありません。)のあっせん申立てについて、月刊社労士の2017年12月号に統計が掲載されていますが、その一部を取り上げます。

(1)申立て者の身分

退職者からの申立てが70.6%で、一番多いそうです。
(それに対して、従業員からは20.2%だそうです。)

この数値をどう見るかなのでしょうが、「退職してから申立て」という割合が少なくないのではと想像しました。

労働トラブルの発生時に従業員であったけれど、従業員であるうちにあっせん申立てをすることにはためらいがあった、という人がいらっしゃるように思うのです。

労働者と使用者との話し合いが難しいのは、雇用という権力関係が理由なのでしょうが、あっせんは打ち切りや取下げのある制度ですし、譲歩できるところはお互いに譲歩しようという制度でもあるはずですから、在職中にしかも辞めることなしに利用していただきたいと考えます。

(2)終了事由

不応諾が43.1%で、一番多いそうです。
(それに対して、打ち切りは8.3%だそうです。)

交渉の場にまともにつきたくないということなのでしょうか。
(妥協しても解決するんだという信念がなかったとしても、最後まで尽くすというのは、雇用関係であっても義理だと思うのですが。)

さて、あっせん申立ての代理人は、特定社会保険労務士今井和寿事務所にご用命ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不倫に対する責任の取り方

国会議員や芸能人の不倫疑惑が、いろいろ報道されていますね。

不倫に関して報道がされるのは、不倫が善くないことだからでしょうが、報道されることで、国民の倫理意識は高まりますかね。
(昔は、不倫という表現よりも、浮気が一般的ではなかったかな。)

不倫がブーム(と言っていいのかな?)になったことが、過去にもあったように思うのですが(失楽園という言葉が流行した前後かな?)、不倫をマスコミが取り上げると、不倫が増えてしまうことにならないかと危惧もしますね。
(失楽園という言葉が流行した前後も、そんな感じじゃなかったでしょうか。)

不倫するぐらいなら離婚しなさい、ということでもないので、不倫は発生するのでしょうね。
(離婚できない様々な事情があるということですよね。)

ずっと愛情が続くわけがないでしょ、なんて本音?の言い訳が聞こえてくると困るのですが、結婚というのは一種の契約でしょうから、契約は守ってもらわないと困る場合があるのですよね。

不倫により迷惑する人が多くなれば、浮気を罰則の対象とする法律ができるかもしれませんが、国民の理解は得られるでしょうかね。

不倫により直接的に影響や損害が発生する人がいるはずなので、その人に対して不倫をした人は、謝罪や賠償すべきだとは思いますが、しっかり行われているのでしょうか。
(日本の社会で、不倫に対する責任の取り方が明確でないことは、良くないことだと思いますね。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少数派?多数派?

突然ですが、皆さんはご自身のことを、多数派だと思われますか?

日本は、民主主義にしろ市場原理にしろ、多数派を採用するのが当たり前になっていると感じます。

だから、多数派が困っていること・必要としてしていることには、対応・変化が生じやすいように考えます。

でも、少数派だって、困っていること・必要としていることは、当然ありますよね。
(ここまでは、抽象的な文章になりました。)

今年もこの時期、残念なニュースが報じられました。

いじめで自殺と思われる事件のことです。

いじめられる子どもは、少数派ですから、劣勢になります。

助けを求めても十分でないから、取り返しのできない行動を選ぶのでしょうね。
(本当に残念で、悔しい気持ちに、私はなります。)

法律上は許されないことですが、自殺した子どもが、やり返したいと思ったこともあるのではと、想像します。

でも、少数派がやり返すと、まさに倍返しになってしまうのではとも、考えます。
(一対一のけんかが、よっぽと健全に感じされてしまいます。)

また、いじめの自殺の報道は、いじめられた側に関する内容が多く、いじめた側に関する内容が少ないのも、釈然としません。
(いじめの有無や責任を特定するのが困難であることは分かりますが、いじめられた側だけが目立ってしまうのは望ましくないと思います。)

いじめた児童・生徒にペナルティーを課すのが、困難であることは想像できますが、ペナルティーがなければ、懲りないかも。

いじめによる自殺を重要課題であると認識しつつも、予算の制約があるとかできることはすべてやったとか、そのような意見が出てくるようなことはないですよね、多数派の皆さん。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡田有希子さんの事件の教訓

昨夜、テレビをつけると東海テレビでコード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐THE THIRD SEASON(午後9時10分ごろ)の1シーンで、比嘉愛未さん演じる冴島はるかが、床に倒れていた。
冴島が運ばれた後の床に、赤い血が残っている映像を見て、岡田有希子さんの路上にうつ伏せになった写真(当時の写真週刊誌に掲載されたもの)を、思い出した。(コード・ブルーは、いつも完全に見ているわけではないが、THE FIRST SEASONだけはしっかり見たので、その後も気になり、筋(ストーリー)を知る程度に見ている。)
当時の写真週刊誌では白黒(モノクロ)だったのに、なぜ、赤い血を見て思い出したかというと、Webページでカラー状態となった画像を、見たことがあるからである。(現在でも、「岡田有希子 自殺」で検索すると、赤い物の流れた画像を見ることができる。)
その画像が、元からカラーであったかは不明であるが、画像作成ソフト(アプリケーション)を用いれば、白黒に色を付けることも、可能だろうと想像する。
31年以上も経過しているが、他のユッコファンはともかく、自分は彼女の最期の姿をしっかりと、記憶に焼きつけられているのだなと、実感した。

突然話が変わってしまうが、先月の「岡田有希子生誕50年ファンミーティング」に、私は応募せず、参加しなかった。
それは、ファンミーティングの企画および内容と、私の心境が合致せず、楽しめないと思ったからである。
私だって、彼女の笑顔を見たくなるから、写真集を開くことがある。
彼女の笑顔を見ると、優しい気持ちになるが、当時の彼女の心の状態を勝手に想像してしまい、切なくなってしまう。(自分と同じように、年を取ってほしかったとも思う。)
彼女の声を聴きたくなり、CDケースを手にするが、歌を聴くと涙が出るような気がして、棚に戻してしまう時もある。(彼女の歌は、雰囲気も切ないものが多くて、泣いてしまうのだ。)
はたから見れば、いつまで引きずっているんだ、といわれるかもしれない。
他のユッコファンから見れば、長い年月の過ぎた現在は、供養ではなく、彼女のすばらしさ(良いところ)に、感謝する時期だ、といわれるかもしれない。
でもね、私は、芸能人・アイドルの自殺よりも、高校を卒業したばかりの女の子が自殺したことに、主観・主眼があるのだと、自身のことを悟っている。

佳代ちゃんが芸能人ではなく、一般の人であったならば、当然、現在までの扱いはされていないだろう。
もし、芸能人なのだから、特別に扱われてもしかたがないというのなら、少なくとも、日本の法律にのっとって扱われなければならない。
岡田有希子に関する画像および動画が、彼女の意思・意志・遺志とは関係なく、インターネット上に存在している状況が続いている。アップロードした人の考えはともかく、コピー&ペーストが容易であるため、インターネット上に漂流し続けるだろう。(ゴミ拾いのように、減らしていくことは困難である。)
著作権法や肖像権(肖像権については、明文化されていないが。)に基づき、佐藤佳代さんの名誉が守られることを、私は切に希望する。

芸能人は死後に、評価が高まったり、美化・神格化されたりすることも、珍しくないと考えるが、彼女の場合にそれがふさわしいのかという思いもある。(彼女の同級生だった本田美奈子さんが、死亡年齢は異なるが病死であったことと比べてみてほしい。)
佐藤佳代さんのご親族の中に、岡田有希子としての新たなコンテンツの出現を、望まない方がいらっしゃっても、不思議ではないと思う。
また、後追い自殺をしてしまった方のご親族の中に、岡田有希子自体を好ましく思われていない方がいらっしゃっても、不思議ではないと思う。(佐藤佳代さんのご親族の中にも、後追い自殺のことを、申し訳なく心苦しく思われている方がいらっしゃっても、不思議ではないと思う。)

さらに、岡田有希子としての仕事が実態として、個人事業主であったのか雇用される労働者であったのかという議論を、私は知らないが、当時、検証されるべきだったと思う。(清水富美加さんの契約解除の騒動の際、厚生労働省が芸能団体に送った文書に、芸能人も労働者として扱い、雇用契約と見なすこともありえるという認識が示されているという報道があったことが、記憶に新しい。)
31年以上前の当時には、芸能人は個人事業主であるとするのが当たり前だったかもしれない(労働法上の議論もなかったかもしれない)けれど、岡田有希子の活動は16歳~18歳であり、所属芸能事務所の関与や指揮等の実態は、明らかにされるべきだったと思う。(労災事故だったかどうかだけでなく、その後の芸能人と所属事務所の力関係の改善につながり、トラブルも少なくなっていたのではと思う。)

さて、我々は自ら命を失いたくなる人に、本気で寄り添うことができるようになったのか。(岡田有希子さんの事件は、教訓になったのか。)
いじめを原因・理由とする児童・生徒の自殺、長時間労働やパワハラを原因とする労働者の自殺、という報道は、31年以上前の話ではない。
私は、生きることは簡単なことではない、と思っている。(簡単であるとして生きている人の存在は、もちろん否定しない。)
直接的ではなくても、共感や同情で救われることも、あると思っている。(でも、それは、本気、真心で行われることが、前提だ。)

児童・生徒の夏休みも、残りが少なくなってきた。
この時期は、学校の始業を意識する時期で、いじめられている生徒・児童には、プレッシャーが増している。
命の大切さを教育するだけでは、駄目で、頼りにできる人に容易にたどり着けるように、体制を整えてほしいと思う。(救いを求めることは、恥ずかしいことではないし、いじめの相手に屈することでもないということを、生徒・児童に伝えてほしいと思う。)
いじめで困っている児童・生徒の皆さんには、今のうちに救いを求めてほしい。

私は31年以上前、岡田有希子さんの自殺をとても悲しく感じ、彼女の才能のすべてが失われたことを、とても悔しく思った。(その思いは、今も続いている。)
生きていれば、いろいろな可能性がある。(失敗も含めて、いろんなことができる。)
今日は、第二次世界大戦の終戦の日だが、当時の若者の苦しみと、現在のいじめで困っている児童・生徒の苦しみは、質が異なり比較できるものではないと思う。(いじめで本当に苦しんでいる人を、私は理解する。)
頼りにできる人は、必ずいるので、あきらめないでほしい。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覚悟しないといけないのかも

ヒアリの被害者が確認されたそうですね。

各地で駆除に追われているのでしょうが、外国からたくさんの物が運ばれてくることを考えると、人間は劣勢なのかもしれません。

今までの他の害虫も、駆除されずに土着してしまっていることを考えると、自らが被害者になることを、覚悟しないといけないのかもしれません。

原っぱでごろんと横になるどころか、素足にサンダルというのが、不可能になりますかね。

お花見や遠足で、ビニールシートの上に座るのも、危険になりますかね。

ヒアリは人体の被害だけでなく、生態系への影響も、心配です。

ブラックバスとブルーギルが増えて、在来の魚が乏しくなってしまったようなことが、昆虫の世界で起こったりはしませんかね。

虫嫌いの人じゃなくても、大変な日常になるかもしれませんね。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行政書士も代書屋

NHKの総合テレビで放送(ドラマ10:金曜日PM10時~)されている「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」。

主人公が、祖母の行っていた代書屋を引き継ぎ、様々な人とかかわっていくヒューマンドラマ(というのかな)。

代書とは、本人に代わって書くことなので、間違いではないのですが、役所へ出す書類を本人に代わって書く職業も、代書といいます。

つまり、行政書士=代書屋です。

となると、「文具店」のは、代書というよりは代筆といったほうが、より明確なのかなと思います。
(代筆屋という言葉はありませんかね?)

さて、他人に伝えたいことがあるけれど、自分で伝えることができそうにない、という時には、行政書士をご利用ください。
(意思表示の書類を、行政書士は作成します。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宅配サービスの見直し

大手運送会社が宅配サービスを見直す、というニュースがありました。

昼休みや夜の時間帯の業務を見直し、ドライバーの負担を減らすねらいがあるようです。

利用者にとって宅配サービスは、安い料金と希望の時間帯指定というメリットがありました。

しかし、同業間での値下げ競争や通販の運送量増加が、ドライバーの労働環境にしわ寄せしていました。
(スピード配達のために、荷物を大切に扱っていないのでは、という不安があった人も、いらっしゃるのではと思います。)

配達日数が増えるとか料金が上がるとかしても、ドライバーの労働時間が減り(長時間労働の改善)、荷物を今よりも丁寧に運んでいただけるのであれば、私は賛成します。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧