日記・コラム・つぶやき

岡田有希子さんの事件の教訓

昨夜、テレビをつけると東海テレビでコード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐THE THIRD SEASON(午後9時10分ごろ)の1シーンで、比嘉愛未さん演じる冴島はるかが、床に倒れていた。
冴島が運ばれた後の床に、赤い血が残っている映像を見て、岡田有希子さんの路上にうつ伏せになった写真(当時の写真週刊誌に掲載されたもの)を、思い出した。(コード・ブルーは、いつも完全に見ているわけではないが、THE FIRST SEASONだけはしっかり見たので、その後も気になり、筋(ストーリー)を知る程度に見ている。)
当時の写真週刊誌では白黒(モノクロ)だったのに、なぜ、赤い血を見て思い出したかというと、Webページでカラー状態となった画像を、見たことがあるからである。(現在でも、「岡田有希子 自殺」で検索すると、赤い物の流れた画像を見ることができる。)
その画像が、元からカラーであったかは不明であるが、画像作成ソフト(アプリケーション)を用いれば、白黒に色を付けることも、可能だろうと想像する。
31年以上も経過しているが、他のユッコファンはともかく、自分は彼女の最期の姿をしっかりと、記憶に焼きつけられているのだなと、実感した。

突然話が変わってしまうが、先月の「岡田有希子生誕50年ファンミーティング」に、私は応募せず、参加しなかった。
それは、ファンミーティングの企画および内容と、私の心境が合致せず、楽しめないと思ったからである。
私だって、彼女の笑顔を見たくなるから、写真集を開くことがある。
彼女の笑顔を見ると、優しい気持ちになるが、当時の彼女の心の状態を勝手に想像してしまい、切なくなってしまう。(自分と同じように、年を取ってほしかったとも思う。)
彼女の声を聴きたくなり、CDケースを手にするが、歌を聴くと涙が出るような気がして、棚に戻してしまう時もある。(彼女の歌は、雰囲気も切ないものが多くて、泣いてしまうのだ。)
はたから見れば、いつまで引きずっているんだ、といわれるかもしれない。
他のユッコファンから見れば、長い年月の過ぎた現在は、供養ではなく、彼女のすばらしさ(良いところ)に、感謝する時期だ、といわれるかもしれない。
でもね、私は、芸能人・アイドルの自殺よりも、高校を卒業したばかりの女の子が自殺したことに、主観・主眼があるのだと、自身のことを悟っている。

佳代ちゃんが芸能人ではなく、一般の人であったならば、当然、現在までの扱いはされていないだろう。
もし、芸能人なのだから、特別に扱われてもしかたがないというのなら、少なくとも、日本の法律にのっとって扱われなければならない。
岡田有希子に関する画像および動画が、彼女の意思・意志・遺志とは関係なく、インターネット上に存在している状況が続いている。アップロードした人の考えはともかく、コピー&ペーストが容易であるため、インターネット上に漂流し続けるだろう。(ゴミ拾いのように、減らしていくことは困難である。)
著作権法や肖像権(肖像権については、明文化されていないが。)に基づき、佐藤佳代さんの名誉が守られることを、私は切に希望する。

芸能人は死後に、評価が高まったり、美化・神格化されたりすることも、珍しくないと考えるが、彼女の場合にそれがふさわしいのかという思いもある。(彼女の同級生だった本田美奈子さんが、死亡年齢は異なるが病死であったことと比べてみてほしい。)
佐藤佳代さんのご親族の中に、岡田有希子としての新たなコンテンツの出現を、望まない方がいらっしゃっても、不思議ではないと思う。
また、後追い自殺をしてしまった方のご親族の中に、岡田有希子自体を好ましく思われていない方がいらっしゃっても、不思議ではないと思う。(佐藤佳代さんのご親族の中にも、後追い自殺のことを、申し訳なく心苦しく思われている方がいらっしゃっても、不思議ではないと思う。)

さらに、岡田有希子としての仕事が実態として、個人事業主であったのか雇用される労働者であったのかという議論を、私は知らないが、当時、検証されるべきだったと思う。(清水富美加さんの契約解除の騒動の際、厚生労働省が芸能団体に送った文書に、芸能人も労働者として扱い、雇用契約と見なすこともありえるという認識が示されているという報道があったことが、記憶に新しい。)
31年以上前の当時には、芸能人は個人事業主であるとするのが当たり前だったかもしれない(労働法上の議論もなかったかもしれない)けれど、岡田有希子の活動は16歳~18歳であり、所属芸能事務所の関与や指揮等の実態は、明らかにされるべきだったと思う。(労災事故だったかどうかだけでなく、その後の芸能人と所属事務所の力関係の改善につながり、トラブルも少なくなっていたのではと思う。)

さて、我々は自ら命を失いたくなる人に、本気で寄り添うことができるようになったのか。(岡田有希子さんの事件は、教訓になったのか。)
いじめを原因・理由とする児童・生徒の自殺、長時間労働やパワハラを原因とする労働者の自殺、という報道は、31年以上前の話ではない。
私は、生きることは簡単なことではない、と思っている。(簡単であるとして生きている人の存在は、もちろん否定しない。)
直接的ではなくても、共感や同情で救われることも、あると思っている。(でも、それは、本気、真心で行われることが、前提だ。)

児童・生徒の夏休みも、残りが少なくなってきた。
この時期は、学校の始業を意識する時期で、いじめられている生徒・児童には、プレッシャーが増している。
命の大切さを教育するだけでは、駄目で、頼りにできる人に容易にたどり着けるように、体制を整えてほしいと思う。(救いを求めることは、恥ずかしいことではないし、いじめの相手に屈することでもないということを、生徒・児童に伝えてほしいと思う。)
いじめで困っている児童・生徒の皆さんには、今のうちに救いを求めてほしい。

私は31年以上前、岡田有希子さんの自殺をとても悲しく感じ、彼女の才能のすべてが失われたことを、とても悔しく思った。(その思いは、今も続いている。)
生きていれば、いろいろな可能性がある。(失敗も含めて、いろんなことができる。)
今日は、第二次世界大戦の終戦の日だが、当時の若者の苦しみと、現在のいじめで困っている児童・生徒の苦しみは、質が異なり比較できるものではないと思う。(いじめで本当に苦しんでいる人を、私は理解する。)
頼りにできる人は、必ずいるので、あきらめないでほしい。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覚悟しないといけないのかも

ヒアリの被害者が確認されたそうですね。

各地で駆除に追われているのでしょうが、外国からたくさんの物が運ばれてくることを考えると、人間は劣勢なのかもしれません。

今までの他の害虫も、駆除されずに土着してしまっていることを考えると、自らが被害者になることを、覚悟しないといけないのかもしれません。

原っぱでごろんと横になるどころか、素足にサンダルというのが、不可能になりますかね。

お花見や遠足で、ビニールシートの上に座るのも、危険になりますかね。

ヒアリは人体の被害だけでなく、生態系への影響も、心配です。

ブラックバスとブルーギルが増えて、在来の魚が乏しくなってしまったようなことが、昆虫の世界で起こったりはしませんかね。

虫嫌いの人じゃなくても、大変な日常になるかもしれませんね。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行政書士も代書屋

NHKの総合テレビで放送(ドラマ10:金曜日PM10時~)されている「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」。

主人公が、祖母の行っていた代書屋を引き継ぎ、様々な人とかかわっていくヒューマンドラマ(というのかな)。

代書とは、本人に代わって書くことなので、間違いではないのですが、役所へ出す書類を本人に代わって書く職業も、代書といいます。

つまり、行政書士=代書屋です。

となると、「文具店」のは、代書というよりは代筆といったほうが、より明確なのかなと思います。
(代筆屋という言葉はありませんかね?)

さて、他人に伝えたいことがあるけれど、自分で伝えることができそうにない、という時には、行政書士をご利用ください。
(意思表示の書類を、行政書士は作成します。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宅配サービスの見直し

大手運送会社が宅配サービスを見直す、というニュースがありました。

昼休みや夜の時間帯の業務を見直し、ドライバーの負担を減らすねらいがあるようです。

利用者にとって宅配サービスは、安い料金と希望の時間帯指定というメリットがありました。

しかし、同業間での値下げ競争や通販の運送量増加が、ドライバーの労働環境にしわ寄せしていました。
(スピード配達のために、荷物を大切に扱っていないのでは、という不安があった人も、いらっしゃるのではと思います。)

配達日数が増えるとか料金が上がるとかしても、ドライバーの労働時間が減り(長時間労働の改善)、荷物を今よりも丁寧に運んでいただけるのであれば、私は賛成します。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老人をねらう電話③

お金を得るには、高齢者に直接会うのがよい、ということなのでしょうか、まずは老人の住まいを訪れるために、確かな約束を目ざすようです。

(1)見知らぬ相手から、不用品・不要品の買い取りの電話がかかってくる。

(2)いろいろ話をしながら、老人の住まいにある不用品・不要品を、相手が見つけ出す。

(3)大して価値のないものを、相手が買い取ると言う。

(4)相手が価値がなくてもかまわないと言うので、住まいに来てもらうことを約束する。

(5)老人の住まいに来た相手は、電話で約束した物以外の高価な物を低額で買い取ることを求めたり、買い取りを断ると住まいまでの出張料を要求してきたりする。

以上のようなことも、あるようですが、これは押し買いといわれるたぐいです。

大して価値のない物を求めて、わざわざやって来るということを、少し考えれば、どういうことか分かると思うのですが、老人はありがたいという気持ちが優先し、相手のたくらみを思い描かないのだと思います。。

このような場合には、相手が自宅に到着すると厄介なので、到着前に断りの電話を入れたいところですが、相手と連絡がとれないかもしれません。

そうなると、自宅での毅然とした対応が必要です。

買い取りを断り、帰ってもらうことを、簡潔かつ明確に伝えましょう。

それでも、相手が居座るのであれば、警察に連絡し、対応をお願いしましょう。

また、買い取りに応じたが、結果として不服であるときは、クーリングオフの対象になりますから、速やかに行いましょう。
(ただし、クーリングオフの対象外の品目もありますので、注意してください。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老人をねらう電話②

振り込め詐欺の話は、世間では目ずら少なくなりましたが、老人をねらう電話は、それだけではないようです。

例えば、送りつけ商法(ネガティブオプション)のようなものも、老人をターゲットにするようです。

(1)見知らぬ相手から、電話がかかってくる

(2)健康状態や世間話をしながら、無料のプレゼントを送ると伝えてくる。

(3)無料ならと、送付に同意する。

(4)後日、無料のプレゼントと一緒に、金額の書かれた請求書と振込用紙が送られてくる。

以上のようなことも、あるようです。

振り込め詐欺と同様に、老人に分別が足りないことを期待して、電話をかけてくるのでしょう。

電話をした先すべてからお金を得ることはないし、成功率は高くないと思われますが、すべてを総合するともうかるから行われているのでしょう。

無料のプレゼントしての契約ですから、お金を支払う義務はありません。

放置しておいてもよさそうですが、相手からお金を払えと、再度の請求があるかもしれません。

また、無料のプレゼントだったのに、電話で売買契約が成立した、と言ってくるかもしれません。

面倒ですが、内容証明郵便やクーリングオフも検討すべきでしょう。
(民法、消費者契約法や特定商取引法を根拠に主張しても、相手は悪質ですから、応じない場合を思量するのです。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老人をねらう電話①

振り込め詐欺は、高齢者が対象となる場合が多いでしょうが、電話をかけてくる人は、高齢者の存在をどうやって調べているのでしょうか。

電話番号のリストを利用しているのでしょうが、一定のフィルターで選ばないと、ターゲットにつながらない無駄な電話が生じてしまいます。

出るとすぐに切られる電話というものがありますが、振り込め詐欺の無駄な電話が含まれているのではないでしょうか。
(「もしもし」とか「名前」を言ったぐらいで、すぐに切られる電話がありませんか。)

発せられた声から、対象となる高齢者でないと分かると、切る。

このようなことを、けっこう繰り返しながら、振り込め詐欺は発生しているのではないでしょうか。

振り込め詐欺は、電話の経路を工夫して、特定されることを防いでいるそうですが、無駄な電話によるすぐに切る割合がとても多いと考えます。

すぐに切る電話が一定割合を超えたら、通信サービス側で電話を強制的に遮断するとか、あってもよいように思いますが、素人のたわごとでしょうか。
(いたずら電話や詐欺まがいの迷惑セールスも減ると思うのですが。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2カ月を切りました

平成28年(2016年)は、あと2カ月を切りました。

年内に済ませようという場合、内容・手続きによってはギリギリのものがあります。
(役所の休みも、考慮する必要があります。)

年内に完了したいという方は、もう始動されたほうがよいですよ。

行政書士・特定行政書士・社会保険労務士・特定社会保険労務士 今井和寿は、ご連絡をお待ちしております。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残業ゼロを当たり前に

長時間労働を原因・理由とするニュースが、後を絶ちません。

政府は残業時間の上限を厳格にするかもしれませんが、残業ゼロにしませんか。

仕事を素早くできる人、よいアイディアをどんどん出せる人、たくさんの仕事をこなせる人、・・・・、労働者として能力の差があるのは事実でしょうが、1日が24時間であることは同じです。

法定労働時間で、スパッと終わりにしましょうよ。

そんなことじゃ、会社が回っていかない、世の中が成り立たない、・・・・。

そうですか。でも、今のやり方を続けて、景気はよくなりますか。
(今までの方法って、効率がいいのですか。)

残業ゼロにして、家庭のこと、自分のことに、十分な時間をかけましょうよ。
(保育施設を新しく作ることも、なかなか難しいようですから、自分の子育ての時間を増やすことも、検討すべきではないですか。)

残業ゼロを当たり前にすることが、当たり前に必要だと思います。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成年後見制度はビジネスではない

判断能力が十分でない状態の人を、補う目的で整備されたのが、成年後見制度だと思いますが、後見人の悪事がちょくちょく報道されます。

判断能力が不十分な状態の人は、自分の財産の管理を、自分で十分にできなくなっているから、成年後見制度を利用するわけで、後見人の悪事が行われないように、第三者が監督するしかありません。
(制度上も、そうなってはいますが、悪事が行われますね。)

成年後見制度の精神は、社会貢献とか奉仕とかだと思うのですが、無料のボランティアですべての人に対応することは、無理ということです。

だから、報酬を得て活動する後見人が必要となり、委任されています。

でも、社会貢献とか奉仕とかの精神ですから、報酬を高く設定することはできません。

やはり、いろんな意味で余裕のある人が、本来は受任すべきものだと考えます。
(それでは、人員を確保できないと、言われてしまいますかね。)

成年後見制度はビジネスではない、ということが基本線だと思いますが、これからますます必要となる制度でしょうし、運用を改善して維持しなければならないと思いますが、難しいですね。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧