スポーツ

大相撲の内側についての徹底解説を

大相撲の横綱の日馬富士さんが引退したそうです。

今回の件では暴行についてだけでなく、親方や日本相撲協会の対応についていろいろ報道がありましたが、大相撲の世界の内部のことを私は知らないので、他のニュースに比べてそんなに重要なことなのかとも思っていました。
(なんでこんなに(時間を使ってどこの放送局も)報道をするのかな、という気がしていました。)

大相撲というのは、NHKが中継放送をしているから、子どものころから珍しくない存在だったという人が多いと思うのですが、どういうものか詳細を知らない人も多いと思うのですよ。

例えば、

・日本相撲協会と相撲部屋の関係

・相撲部屋と力士の関係

・日本相撲協会と力士の関係

これらのことを正しく説明できる人は、大相撲のことを本当に詳しい人だと思うのです。

大相撲は伝統があるとか、格式があるとか、横綱の品格とか、いろいろ言われますが、正直よく知りません。

今回、このような騒動があったのですから、これを契機に大相撲の内側についての徹底解説を、テレビとかで行っていただけるとありがたいと思いました。
(そうでないと、貴乃花親方の対応について、評価のしようがないのかなと思ったりします。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予想どおりになるのではないでしょうか

昨日時点で、1勝もできていない中日ドラゴンズ。

今年は、多くのプロ野球解説者の予想どおりに、なるのではないでしょうか(゚ー゚;。

ドラフト会議で入団した選手は別にして、必要な補強をできなかったと、言っていいのではと思います。
(昨年は最下位ですからね。)

今になっていうことではないのかもしれませんが、森繁和さんが監督に就任したことを、不思議に感じていました。
(最下位となった昨年のヘッドコーチですから。)

野球を実際するのは選手ですが、監督とコーチの入れ替えで、求められるプレー内容の基準が、変わると思います。

その意味では、刷新がなかったのではと、考えてしまいます。
(昨年は、監督とコーチがぎくしゃくしていたので、その解消をねらった監督交代ですかね?)

今年は本当に期待できないと思っているのですが、中日ドラゴンズを応援します。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年こそ優勝

プロ野球の広島東洋カープに、優勝マジックが点灯したそうですね。

広島東洋カープというと、市民球団というイメージがあります。

実際の資本関係はともかく、テレビの中継を見ると、地元の人に愛されているという感じが伝わってくるのです。
(中日ドラゴンズの名古屋のファンは、おとなしい感じです。)

また、資金に依存しない球団といいますか、有力選手を招くということが少ない印象も、好感を持たれる理由の一つではないでしょうか。

長年、こいのぼりの時季までだとか、暑い時季になると弱くなるとか、いわれることもあったように思いますが、今年は違いました。

25年ぶりだそうですが、今年こそ優勝でしょう。

さて、中日ドラゴンズには、ベテランを使わず、経験の少ない選手を、どんどん使っていただきたいです。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バットの振り方について

中日ドラゴンズは勝つことに、本当に苦労していますね。

投手と打者の両方に問題があるのでしょうが、私は打者の様子が気になります。

投手王国といわれたこともあった投手陣に対して、打線が強力でないことは、長年の定説になっていると思いませんか?

私には、中日ドラゴンズの打者が、バットを力んで振っているように見えるのです。

他の球団の打者はスムーズというか、軽々と振っているように見えるのです。

中日ドラゴンズの打者の使用するバットは、他球団の打者の使用するバットよりも重い、ということはないですよね。

でも、中日ドラゴンズの打者は、慣性力といいすか、バットの動きを制御することに、苦労しているように見えるのです。

これって、中日ドラゴンズの打者が非力(鍛えていない)ということでしょうか?

それとも、バットの振り方が、間違っている(他の球団の打者とは異なっている)のでしょうか?

私は、中日ドラゴンズが最下位であっても、怒ったり困ったりせず、応援しますが、バットの振り方については、改善する必要があるのではと思います。
(私のような素人にいろいろ言われないように、中日ドラゴンズの打者の皆さんには、よい結果を見せてほしいです。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツの目的は

東京オリンピック招致に買収疑惑があるようで、日本の関係者についても、報じられているそうです。

オリンピックを開催するために、場所や施設の整備でお金がかかるのは、周知の事実です。

でも、最近は、オリンピックの費用について、かかり過ぎではないかという意見が大きくなっています。

この周知の事実というのを、変えないといけないのではと思います。

多額が必要であっても、必死に実施を求める人がいるということは、つまるところ、儲かる人がいるということです。

国全体としては損であったとしても、儲かる人がいるということです。

スポーツでお金を得る人を否定するつもりはありませんが、国全体からの視点で見ると、現在のオリンピックは逸脱しているのかもしれません。

節約しても、オリンピックに出場する選手が、不快に感じない・不公正に思わない程度の施設・運営を、できるのではと考えてしまいます。

スポーツの産業としての面で、肥大化しすぎており、ひずみが生じているのではとも、思います。

スポーツの一番の目的は、健康維持ではないでしょうか。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若い選手に経験を与える年

中日ドラゴンズの選手の引退が相次いで報道されました。

(個人的には)まだ力がある選手という思える方も、引退されましたが、ここ数年若返りが求められていた球団ですから、来年の顔ぶれに期待しましょう。

ただ、若返ったからといって、すぐに強くなるとは正直思えません。

来年は若い選手に経験を与える年ということで、了承しましょう。

選手の成長だけでなく、新入団・移籍の選手についても、期待しますが、資本の大きさでよい選手を獲得できないという話は、難しいことですね。
(これは以前から言われていること?)

選手全員の報酬の合計額で決まりを作るとか、あってもよいと思うのですが。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロの技を見せてほしい

プロボクシングの亀田大毅選手が敗れたWBA・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦のIBF王者の扱いが、珍妙なことになりましたね。
(敗れても王者のままということが、IBFのルールでは既定だったとのことですが、それが事前に報道されていたら、試合を見なかった人もいたりして。)

プロボクシングを競技と見るか、興行と見るかは、人それぞれでしょうが、今回のことは茶番と感じと人が多かったのではないでしょうか。
(今までも物議を醸してきた亀田ファミリーのことだからと納得してしまっては、さすがに失礼でしょうね。)

私はプロボクシングを、ルールのある殴り合いであるとして、競技として見ていますが、亀田兄弟のファイトにはいつも不満です。

クリンチも技術のうちなのかもしれませんが、相手をかいくぐって的中するという攻撃に、プロの技を見せてほしいのです。
(これからも同様の試合が続けば、興行という評価になりますね。)

その点、大みそかのWBA世界S.フェザー級内山高志×金子大樹戦とWBA世界ライトフライ級井岡一翔×フェリックス・アルバラードには、期待しますね。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若い選手を使っていただきたい

クライマックスシリーズへの進出が絶望的となった中日ドラゴンズですが、今年のことは結果が出たということで、残りの試合は若い選手を使っていただきたいですね。
(中日ドラゴンズは野手の主力が高齢なので、若い選手が経験を積むことが難しいのです。)

そうすると、来年のことを考えて若い選手をスターティングメンバーに並べる、という考えは分かるが、勝ちにいかないつまらない試合になる、と思われる方がいらっしゃるでしょう。

でしたら、入場料を安くするのがよいと思います。
(消化試合はファンにとって、本来見たくないものですから。)

こうすれば、次代を担う若手選手を激励しに、球場へ足を運ぶ人が増えるのではないでしょうか。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわゆる硬球の一つ

日本野球機構の統一球の仕様が、内緒で変更されていたそうですね。

私は、コミッショナーが知らなかったとか実際に使用している選手への影響とかの以前に、いわゆる硬球の一つが、日本野球機構の統一球だということが、本来不思議だったのではと思っております。

野球の硬球について、世界共通の国際ルールがどのようになっているのかは知りませんが、外国のチームと対戦することを意識しているのであれば、個々に規準があるのはおかしいと思えるのです。

競技としての野球に携わる方々は、世界中に競技者が増えることやオリンピックを含めた国際大会の発展を求めているはずなので、すべての硬球を統一すべきことを理解しているのではないでしょうか。
(技術的に難しいのか?それとも、特定の国・団体の力が強くて阻まれているのか?)

今回のことをきっかけにして、ローカルルールやその背景が明らかになると、議論が深まると思います。

話は変わりますが、飛ぶボールでも飛ばないボールでも、中日ドラゴンズのバッターの打球は遠くへ飛びませんね。

対戦相手のピッチャーは長打を警戒しなくてもよいので、得意の球団になっているのではないでしょうか。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森野選手のスタメン出場を

11試合を終えただけですが、今年の中日ドラゴンズはどうでしょうね。

ずたたん TIMELY REPORTにも、関連する投稿がありました。

まずは、ベテランが目立っていて、若手が伸びでいないという印象です。

ドラフトから入団した選手が即戦力とならなかったのは、織り込み済みだったのでしょうか。
(他の球団に比べて、ドラフト入団から活躍するまでに、歳月がかかり過ぎな気がします。)

ということは、新外国人次第かな、というふうに見えます。
(やはり、DeNAベイスターズに移籍した3人は、重要な戦力だったと考えます。)

ところで、豊富だと言われてきた投手陣は、不調な選手が多いようです。

クラーク選手と森野選手の使い方に困っている感じもありますが、私は得点を優先すべきだと考えます。
(つまり、二人ともスタメンで使う、ということです。)

森野選手は本来、守備は無難にこなせる人だったと思います。

バッティングが不調な選手のポジションに替わって入り、スタメン出場してもらうべきではないでしょうか。
(不調の投手陣を補う意味でも、実行すべきだと思うのですが。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)