« もうそろそろ主体的に | トップページ | 離婚届と元号 »

自筆証書遺言の方式緩和

民法の改正により、自筆証書遺言の方式緩和といわれるものが、平成31年(2019年)1月13日から始まっています。

自筆ではない財産目録を添付して、自筆証書遺言を作成できるようになったのです。

具体的には、自筆で書いた遺言書とは別に、別紙で財産目録を作るということです。

別紙の財産目録は、パソコンで作成することができて、通帳や登記事項証明書の添付も可能となりました。
(ただし、財産目録にはすべてのページに、署名と押印が必要です。)

なお、民法の改正による遺言制度の変更は、今後も続きますので、ご注意ください。

遺言作成センター

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« もうそろそろ主体的に | トップページ | 離婚届と元号 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自筆証書遺言の方式緩和:

« もうそろそろ主体的に | トップページ | 離婚届と元号 »