« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

野球中継延長でradiko.jp(ラジコ)は

radiko.jp(ラジコ)を利用される方は多いと思いますが、プロ野球の中継が延長した場合の利用を、経験された方はどれ位いらっしゃいますか?

私は昨夜に、聴きたいCBCラジオの番組の放送時間が遅くなっていたので、radiko.jp(ラジコ)でどうなっているのかなと、今朝確認すると、ずれていることに気がつきました。

まずは、radiko.jp(ラジコ)で聞き逃した番組を再生別の番組が再生されているので、その放送時間から、ずれている時間を計算

次に、CBCラジオの番組表をCBCのWEBサイトで確認ずれている時間を加えた時刻に、放送している番組名をメモ

そして、メモした番組名をradiko.jp(ラジコ)で検索検索した番組名の該当する日時のものを、クリック

これで、聞き逃した番組を、探し当てることに成功しました。

もっと、簡単な方法がありますか?

8月29日(水)朝に、再度確認したところ、radiko.jp(ラジコ)の時刻が、変更されていました。(番組名と日時が正しくなっていました。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの終わりにすべきこと

ほとんどの学校の夏休みが、終わりに近づいているはずです。

この時期になると、児童生徒の自殺に対する注意喚起のような報道が行われます。

残念なことですが、自殺がなくならない、ということですよね。

このブログでも、児童生徒の自殺については、何度か投稿した記憶がありますが、自殺の原因・理由になっている事に、根本的に直接的に対処しなければ、自殺はなくならない、との思いは変わりません。

いじめを原因・理由とする自殺が目立ってからは、相談窓口は確立されてきたという印象はあります。

でも、相談をした後の対応が適切ではないから、自殺に関する報道がなくならないのかなと、思います。

悩み苦しんでいる児童生徒を救うには、その子の気持ちを理解することが第一歩なのだろうと考えますが、自殺後に設けられた第三者委員会の報告書の内容を報道で見る限りでは、それすらできていない場合が多いのかなと思います。

国の安全保障を声高に話す安倍晋三さん、学校に行くことが辛くて困っている児童生徒を守ることも、人の命を守ることなんですよ。

憲法改正を急ぐよりも、夏休みの終わりにすべきことがあると思いますよ。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一強・独裁

日本ボクシング連盟とその会長のことが、マスコミをにぎわしていますね。

テレビの内容がすべて本当かは、申し上げる立場にはありませんが、公平ではない・円満ではないことは、事実なのでしょう。

あれだけの数の関係者が、声を大にしているのですから、変えなければならないことがあるのだと思います。

先の日本大学アメリカンフットボール部の反則タックル問題では、マスコミが大きく取り上げて、関係者以外の議論まで深まったと思います。
(改善への動きにも、良い影響があったと思います。)

日本ボクシング連盟とその会長のことについても、関係者以外の議論が深まることは悪くないと思いますから、報道を続けるべきでしょう。

問題の根本には、日本ボクシング連盟にしても日本大学アメリカンフットボール部にしても、権力者といえる存在があると考えますが、皆さんはいかがでしょうか。

従わなければならない、逆らうことができない、意見を言うことができないという状態は、権力者や幹部による独裁だと思います。

日本では昔はこのような組織が珍しくないような印象ですが、現代にも存在しているのですね。
(多くの人はびっくりしないでしょうね。)

組織や団体といった複数の人間で構成するものに、「~長」のようないわゆる偉い立場の人が存在することは、不自然ではありませんが、独裁をされない仕組みは必要なのだと感じます。
(会社も同じでしょうね。)

さて、国の政治はどうでしょうか。

与党だけで国会を運営している感じが続いていますね。
(野党の主張は、全く相手にしていない感じです。)

自民党の総裁選に関する報道を見ていると、一強だとか独裁だとかを続ける意向の自民党議員が多いようです。

自民党の国会議員の多くは、一強だとか独裁だとかのほうがよい、ということなのでしょうか。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »