« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

暑さに対する融通

どこの放送局も、気温と熱中症を取り上げています。

そして、二年後に行われる東京オリンピックの心配も、報じています。

今の暑さが、偶然の条件が重なったことによるものであれば、二年後は暑くならないかもしれません。
(もちろん、当てにはなりません。)

しかし、根本的な原因が地球の温暖化であるとしたら、涼しくなることを期待してはいけないでしょう。

いずれにしても、暑さへの対応は絶対に必要です。

今予定されている日程ですと、競技をする人だけでなく、観戦する人や現場で運営する人にも、健康上の危険があります。

残り二年で暑さを克服する技術が確立するとは思えませんので、日程を後ろへずらすべきでしょう。
(前へずらすよりは簡単でしょう。後ろにずらすと、パラリンピックの実施に問題が生じるでしょうか?)

やっぱり、東京オリンピック・パラリンピックをやろうと言い出した人は、景気(お金)のことしか考えていなかったのではと、思ってしまいます。
(オリンピックでもうけようと思ったことが、一番大きいのだろうと思います。)

暑さのことを過小評価どころか、無視していたのではとさえ思います。

こんなに暑いのに、何がおもてなしだと思うので、日程の変更をしていただきたいです。
(今の関係者では、融通は利かないかも。)

ところで、甲子園の高校野球は、こんなに暑くて大丈夫ですか?
(こちらも、融通は利かないか。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり早朝

暑い日が続いていますね。

東京オリンピックの競技開始時刻のニュースが報じられていましたが、朝にしたって暑いよ、という感じがします。

時季のことに限らず、東京でオリンピックを開催するのは、他にも問題があるのでは、と思っていますが、ここでは書きません(^-^;。

さて、日本の夏(愛知県尾張地方や岐阜県美濃地方)に関しては、暑いのは、避けられないことです。

でも、あえて、少しでも気温の低い時間を選ぶとすれば、やっぱり早朝ということになりますね。

ですので、早朝に相談、というのをご利用していただきたいです。
(予約をしてくださいね。)

特定行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿からの営業連絡でした。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオの音楽番組

今日は、ラジオ放送の日だそうです。
(現在のNHK東京のラジオ第1放送が、1925年7月12日に本放送を開始したそうです。)

今の若い人は、ラジオをあまり聴かないのかもしれませんが、私の中学・高校のころは、ラジオパーソナリティという職業の人が人気者でありました。
(当時は、ディスクジョッキー(DJ)と呼ばれるのが普通でしたよね。今時のDJとは違いますかね。)

ラジオを聴きながら勉強をするのが、当たり前だった当時の私には、ラジオから新しい情報・音楽を知るということが、本当に多かったのです。

その点では、現在のラジオ放送には、物足りないというか寂しいというか・・・・。
(昔はずっと、ラジオをつけっぱなしでも、退屈にはならなかったのですが、今はつまらないと感じると、スイッチを切ってしまうことも珍しくありません。)

これには、ラジオパーソナリティの話す内容が、昔と比べてどうなのか、ということよりも、今のテレビのバラエティ番組の笑いの取り方に慣れてしまっていることに原因があるのではないでしょうか。

今のお笑い芸人の方というのは、映像がないとおもしろくない方が多いように思うのです。

顔・格好や動作・所作があるから、笑いが取れるのではと、思うことが多いのです。

ラジオから流れるのは音(映像はない)ですから、話す様子・内容で興味を持ち続けてもらうことは、相当の技術が必要だということになるのではないでしょうか。

また、聴くことのみで楽しむことのできる音楽も、同様に少なくなっているような気がします。
(映像があるから、成立しているという感じのアーティストが増えているように思います。)

楽しいラジオ番組を期待することは、本当に難しいのかもしれませんね。

個人的には、物事を深く掘り下げる内容のものを、期待したいです。
(音楽番組の持ち込み企画をやっている放送局があったら、参加したいぐらいですよ。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »