« 労働時間は短くなりますか? | トップページ | 話し合いが成立するということ »

電子メールは欠陥のある情報手段?

通販サイトへの不正アクセスのニュースというのは、ちょくちょくありますね。
(通販サイトだけでなく、いろいろありますね。)

不正アクセスした人の目的は、結局のところ、お金なのでしょう。

何らかの経済的な利益を得ることができるから、不正アクセスが行われてしまうのでしょう。

経済的な利益というと、クレジットカード情報がすぐに思いつきますが、メールアドレスというのも、相当に価値があるのだと考えます。
(迷惑メールは、フィッシングメールだけでなく、偽造品の通販サイトへの誘導にも、用いられているようです。)

クレジットカード情報の流出については、損害保険やクレジットカード番号の変更といった対処方法が、かなり確立されているように思います。

それに比べると、メールアドレスの流出は、とても厄介ではと思います。

まず、迷惑メールが増えるでしょう。

それに対して、迷惑メールのブロックを行います。

しかし、ブロックできない偽装メールが、どんどん届きます。

また、流出したメールアドレスは、なりすましメールに使われることがあります。

すると、流出したメールアドレスがブラックリストに登録されて、メールの送受信に支障をきたすこともあるでしょう。

仕方なく、メールアドレスの変更をします。

上記のようなことは、本当に困るのですが、迷惑メールが海外からの送信であると、対応ができない(対応してもらえない)場合が多いと思います。

迷惑メールを撲滅することができないとすれば、電子メールは欠陥のある情報手段と言ってもいいのではと思います。

迷惑メール対応の技術向上を切望します。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 労働時間は短くなりますか? | トップページ | 話し合いが成立するということ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/66803760

この記事へのトラックバック一覧です: 電子メールは欠陥のある情報手段?:

« 労働時間は短くなりますか? | トップページ | 話し合いが成立するということ »