« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

日本大学側と内閣は同様の印象

日本大学アメリカンフットボール部の選手の反則行為について、テレビで報じない日はないほどの状況になっています。

これは、日本大学アメリカンフットボール部の当時の監督と当時のコーチの説明、反則行為をした選手の説明、この二つで食い違っていることが大きな原因でしょう。

さて、当事者の言い分が異なることは、トラブルでは珍しくないことでしょうが、泣き寝入りというものが日本には多いのではと思っております。

泣き寝入りが多くなる原因の一つとして、当事者の力関係により新たなトラブルを危惧することが、あきらめにつながってしまうのではと考えます。

日本大学アメリカンフットボール部の当時の監督と選手の関係は、報道を見る限り、力関係としては明らかな差があるようです。
(日本大学側のマスコミに対する様子は、いかにも体制側という感じがしました。)

大きい力の当時の監督の指示があったとすれば、選手が従わなければという強い意識があることは、理解できます。

今回の問題では、反則行為により関西学院大アメリカンフットボール部の選手が負傷しており、反則行為をした選手は吐露したのだと思います。

報道によると、当事者に極めて近い存在である日本大学アメリカンフットボール部の現役部員が声明文を発表する予定があり、当時の監督の説明のうそを暴く内容になるとのことです。
(力関係で弱い立場でありながら、真実を明らかにしようとする学生さんの行動を、見守りたいですね。)

これらのことは、マスコミが延々と報じた結果ではないかとも、思います。
(世論の反応が、大きな力になって、動かしていると思うのです。)

日本大学アメリカンフットボール部の選手の反則行為に関することは、時間はかかるかもしれませんが、正しい方向に向かっていくような気がします。

それに比べて、国政はどうでしょうか。

一強といわれる政権に問題があっても、与党内や官僚には正すために行動しよう、なんて感じは見受けられません。
(内閣を守ることには、一生懸命という感じがします。)

逆らうことと見なされるのが怖いということなのでしょうか、はぐらかす、そらすというぐらいの言動しかないように感じます。

日本大学アメリカンフットボール部の選手の反則行為について、真実を明らかにするのであれば、森友学園問題と加計学園問題でも、真実を明らかにしなければいけませんよ。
(日本大学側と内閣は、同様の印象です。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「調整」って何でしょうね

国会は、元首相秘書官の参考人招致により、野党が審議復帰するそうです。

ネット上では、欠席を続けた野党について、批判的な意見が多いようにも見えます。

でも、元首相秘書官の参考人招致を、与党側が「調整」したというその内容は、はるかに理解できないことだと思いますが。

参考人招致のことが報道され始めたときには、「面会を認める方向で調整」という表現が使われていたはずですが、「調整」って何でしょうね。

今まで認めなかったことを、「調整」して認める?

今まで記憶になかったことを、「調整」して記憶にあった?

参考人招致で元首相秘書官は、政府にとって都合の悪いことは絶対に言わないことも「調整」してあるのでしょうか。

それでも、加計学園の人に会ったことは、元首相秘書官が認めると「調整」しているとの報道があります。
(これは、安倍総理大臣が困ることはない、ということでしょうか?)

「調整」で話す内容を決めているのであれば、作り話になるのではとさえ思ってしまいます。
(コントにならないことを切に願います。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ