« LEDのヘッドライト | トップページ | 強くて逆らうことのできない人は誰? »

民泊

法律や制度の変更については、マスコミで伝えられている場合が多く、それなりに意識していれば、一般人がある程度知る状態になっているのかなと、思ったりもします。

民泊についても、住宅を他人の宿泊に利用してもらう、ぐらいのイメージは多くの一般人にあるのかなと、思っております。

ただ、民泊というのは、宿泊サービスとして提供されるものですから、民泊を推進するということは、宿泊サービスの規制を緩和するということでもあります。

そこで、私が不勉強なのかもしれませんが、私には疑問があります。
(十分な議論と検討が行われたのかな、と思っております。)

第一に、旅館やホテルといった既存の宿泊サービスの経営者から、強い反対はなかったか、です。

新たな民泊施設の登場により、既存の宿泊施設の売り上げに、影響は出ないのでしょうか?

第二に、新たな宿泊施設の登場による、周辺の住環境への影響をどう評価したか、です。

民泊は住宅を宿泊サービスに利用するのですから、周りには一般人が住居として使っている建物があり、住まいとして暮らしているはずです。

衛生、騒音や安全といった生活環境を、以前と変わらないレベルで確保することが、求められるはずですが、担保されているのでしょうか?

民泊は制度上、対象が限定的になるので、取り上げられることが少なかったのかもしれませんが、規制の緩和後は注視していただきたいと考えます。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« LEDのヘッドライト | トップページ | 強くて逆らうことのできない人は誰? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/66447535

この記事へのトラックバック一覧です: 民泊:

« LEDのヘッドライト | トップページ | 強くて逆らうことのできない人は誰? »