« 大相撲の内側についての徹底解説を | トップページ | ルール »

NHKの責務

NHKの契約と受信料について、最高裁大法廷の判断がありましたね。

NHKは公共放送といわれるのだから、行政、立法、司法に対して不偏不党の立場でなければならないはずですが、今日のNHKの放送内容を皆さんはどのように感じていますか?
(今年は忖度という言葉が普及しましたが、現在の政権に対してNHKはどうでしょうかね。)

政治に対して中立ということを厳格に守れば、評価・論評を一切行わず、事実のみを伝えればよいということになります。

しかし、その内容について知識・情報の乏しい視聴者は、意味が分からず、関心すらもたなくなってしますので、一定の基準や説明が放送内容に含まれるのは致し方がないとも考えます。

ただし、解決しなければならないことや議論する必要のあることにおいて、誰から見ても悪いこと、間違っていること、ごまかしていると分かることについては、遠慮せずにどこまでも徹底的に追究してほしいと思います。
(現在の政権は、はぐらかすことが珍しくありませんが、これを防ぐためにNHKには責務があるとも思います。)

ところで、受信契約の義務・受信料支払いの義務への不満は、放送内容に対する不満の表れといえると思います。

国民に広く義務の課せられていることが明確になったのであれば、放送制作に一般国民の声が、もっと反映されてもよいのではと考えます。
(一方的に放送が押し付けられてはならないと思います。)

さて、受信料を支払ってもらうために、NHKがどんどん訴訟を起こしていくのかは不明ですが、義務としてふさわしくない放送内容と考える人が多ければ、NHK不要の声が高まるかもしれませんね。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 大相撲の内側についての徹底解説を | トップページ | ルール »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/66132522

この記事へのトラックバック一覧です: NHKの責務:

« 大相撲の内側についての徹底解説を | トップページ | ルール »