« 毎年、労働保険適用促進強化月間? | トップページ | 大相撲の内側についての徹底解説を »

最低賃金額

最低賃金(最低賃金額)は、働くすべての労働者に適用されます。
(年齢、パート、アルバイトといったことには関係なく適用されます。)

使用者は適用される最低賃金額以上の賃金を、労働者に支払わなければなりません。
(最低賃金額より低い賃金を定めても無効となり、最低賃金額と同額の定めをしたものとみなされます。)

最低賃金額は、通常の労働時間、労働日についての賃金が対象ですから、次の(1)~(5)は除かれます。

(1) 臨時に支払われる賃金(例:結婚手当)

(2) 1か月を超える期間ごとに支払われる賃金(例:賞与)

(3) 時間外労働や休日労働に対する割増賃金

(4) 深夜労働に対する割増賃金

(5) 精皆勤手当、通勤手当および家族手当

最低賃金についての問い合わせは、労働基準監督署へ行ってください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 毎年、労働保険適用促進強化月間? | トップページ | 大相撲の内側についての徹底解説を »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/66050473

この記事へのトラックバック一覧です: 最低賃金額:

« 毎年、労働保険適用促進強化月間? | トップページ | 大相撲の内側についての徹底解説を »