« 少数派?多数派? | トップページ

不倫に対する責任の取り方

国会議員や芸能人の不倫疑惑が、いろいろ報道されていますね。

不倫に関して報道がされるのは、不倫が善くないことだからでしょうが、報道されることで、国民の倫理意識は高まりますかね。
(昔は、不倫という表現よりも、浮気が一般的ではなかったかな。)

不倫がブーム(と言っていいのかな?)になったことが、過去にもあったように思うのですが(失楽園という言葉が流行した前後かな?)、不倫をマスコミが取り上げると、不倫が増えてしまうことにならないかと危惧もしますね。
(失楽園という言葉が流行した前後も、そんな感じじゃなかったでしょうか。)

不倫するぐらいなら離婚しなさい、ということでもないので、不倫は発生するのでしょうね。
(離婚できない様々な事情があるということですよね。)

ずっと愛情が続くわけがないでしょ、なんて本音?の言い訳が聞こえてくると困るのですが、結婚というのは一種の契約でしょうから、契約は守ってもらわないと困る場合があるのですよね。

不倫により迷惑する人が多くなれば、浮気を罰則の対象とする法律ができるかもしれませんが、国民の理解は得られるでしょうかね。

不倫により直接的に影響や損害が発生する人がいるはずなので、その人に対して不倫をした人は、謝罪や賠償すべきだとは思いますが、しっかり行われているのでしょうか。
(日本の社会で、不倫に対する責任の取り方が明確でないことは、良くないことだと思いますね。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 少数派?多数派? | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/65781913

この記事へのトラックバック一覧です: 不倫に対する責任の取り方:

« 少数派?多数派? | トップページ