« 岡田有希子さんの事件の教訓 | トップページ | 国民の生命と安全を守る万全な態勢って »

肖像権

岡田有希子さんにからめて、著作権に関することを投稿してきましたが、著作権法についてはとりあえず終了で、今回は肖像権についてです。

肖像権とは、「無断で勝手に自己の容貌、姿態を撮影されない権利」と「撮影されたものを勝手に公表されないように主張できる権利」の二つだそうです。

日本の法律には肖像権について、明文化されたものはないようで、判例で定まった権利とされています。

今は、(携帯端末で)気軽にどこでも写真が撮られていますが、撮影している人が意識せずに、関係のない他人を写してしまっているということもあるでしょう。

この場合には、承諾なしということなので、トラブルの原因になり得ます。

パブリシティ権

撮影された人が、芸能人、モデルやスポーツ選手といった有名人・著名人の場合、その写真や映像には、経済的な価値があります。
(売買の対象になるということです。)

この経済的な価値は、本来、写された有名人の許諾により生じるべきものです。

有名人が肖像から生じる経済的な利益を支配する権利を、パブリシティ権というそうです。
(パブリシティ権も、判例で定まった権利とされているようです。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 岡田有希子さんの事件の教訓 | トップページ | 国民の生命と安全を守る万全な態勢って »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/65671418

この記事へのトラックバック一覧です: 肖像権:

« 岡田有希子さんの事件の教訓 | トップページ | 国民の生命と安全を守る万全な態勢って »