« ピアノの日だからBelieve in Youをピアノで | トップページ | 著作権の支分権 »

著作者人格権

著作権法には、著作権以外の権利についても書かれています。

今回は著作者人格権について、投稿します。

著作権の保護は、著作権を有する人の経済にかかわることが中心です。

しかし、著作者の気持ち・意志や考えといった人格にかかわることを守ることも、重要なことなので、著作権法では著作者人格権として、三つの権利を定めています。

公表権

公表権とは、著作物を公表するのかしないのか、公表するのであれば、どのような方法でいつ公表するのかを、決定する権利です。

氏名表示権

氏名表示権とは、著作者の氏名を表示するかしないか、表示するのであれば、実名かペンネームのような変名かを、決定する権利です。

同一性保持権

同一性保持権とは、著作者の意思に無断で、著作物の内容や題目が、変更や切除などの改変を受けない権利です。

さらに、著作物の改変がなかったとしても、著作者の名誉や声望を害する方法で、著作物を利用する行為は、著作者人格権を侵害する行為とみなされます。
(名誉声望保持権といわれています。)

著作者人格権の消滅

以前、著作権が相続や譲渡の対象になることを、書きました。

しかし、著作者人格権は、相続も譲渡もできません。

ですので、著作者が死亡すると、著作者人格権は消滅します。
(著作者人格権には、一身専属性があります。)

ただし、著作者が死亡したことで、無制限に公表や改変などができる、ということではありません。

著作権法では、著作者が生きていたとすれば著作者人格権の侵害となる行為について、禁じています。

さらに、死後に著作者人格権が侵害された場合には、著作者の遺族が、差止請求権や名誉回復等措置請求権を行使することも、認めています。

岡田有希子さんに関する著作物が、ネット上にはいっぱいありますが、著作者人格権の問題をきちんとクリアしているのかなと、私は思うことがあります。
(ユッコのことを大切に思っているのであれば、ルールを守ってくださいね。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« ピアノの日だからBelieve in Youをピアノで | トップページ | 著作権の支分権 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/65517166

この記事へのトラックバック一覧です: 著作者人格権:

« ピアノの日だからBelieve in Youをピアノで | トップページ | 著作権の支分権 »