« 著作権の発生 | トップページ | 著作者人格権 »

ピアノの日だからBelieve in Youをピアノで

今日7月6日は、ピアノの日だそうです。

ネット上の情報によると、シーボルトが日本に初めてピアノを持ち込んだ1823年の7月6日にちなむそうです。

シーボルトのことは、皆さんはご存じですか?
(詳しく知ろうとすると、日本史の勉強が必要になりますね。)

さて、ピアノの日ということですが、ピアノに触れる機会はありますか?

本物のピアノを日常的に弾いている人というのは、少ないでしょうね。

ピアノというのは重量がありますし、小さくありませんから、住宅の中に置くということ自体だけでも、いろいろ制約があります。

でも、ギターのような、自由な持ち運びはできませんが、ピアノが置いてある場所であれば、弾かせてもらえる可能性が高い楽器でもあると思います。
(間違いですか?)

ギターは、他人の物を自由に弾かせてもらえないのではないでしょうか。
(ギターは、ギターを弾く人にとっては、恋人のようなものですから。)

だから、自分のギターを持っていくのが普通。
(電車に乗るにしても、車で運ぶにしても、いろいろ気を遣いますよ。)

でも、ピアノは持ち運ぶことを原則としていませんから、他人のピアノを弾くことは珍しくありません。

また、ピアノはピアノフォルテ(pf)ですから、かなり力強く弾いても壊れることはないでしょう。
(ギターは、壊れやすいと思いますよ。)

ただし、ピアノの鍵盤を押すという行為は、けっこう力のいる作業でもあります。

ピアノを日常的に弾いている人は、腕の筋肉がしっかりしているのではないでしょうか。

今日は、大好きなユッコのBelieve in Youをピアノで聴きましょう。

I believe in Yukiko Okada.

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 著作権の発生 | トップページ | 著作者人格権 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/65499913

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの日だからBelieve in Youをピアノで:

« 著作権の発生 | トップページ | 著作者人格権 »