« 会計検査院により究明されるのでしょうか | トップページ | 予想どおりになるのではないでしょうか »

残業を肯定しているように感じますが

政府が決定した「働き方改革実行計画」では、年間の残業時間を720時間としたそうですが、これが働き方改革なのでしょうか、やっぱり理解できません。
(働き方改革と言いながら、残業を肯定しているように感じますが。)

また、設けられた上限規制は、本当にしっかり守られるのか、という不安もあります。
(現在でも、労働時間の管理がなされていないケースが、多いではないですか。)

「働き方改革実行計画」などと聞えのよい名称だけど、「残業時間の上限規制」というだけのことでしょ、と言いたいですね。
(未払いの残業代を、簡単に請求できる制度を作ったらどうですか、とも言いたいですね。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 会計検査院により究明されるのでしょうか | トップページ | 予想どおりになるのではないでしょうか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/65085704

この記事へのトラックバック一覧です: 残業を肯定しているように感じますが:

« 会計検査院により究明されるのでしょうか | トップページ | 予想どおりになるのではないでしょうか »