« 老人をねらう電話① | トップページ | 老人をねらう電話③ »

老人をねらう電話②

振り込め詐欺の話は、世間では目ずら少なくなりましたが、老人をねらう電話は、それだけではないようです。

例えば、送りつけ商法(ネガティブオプション)のようなものも、老人をターゲットにするようです。

(1)見知らぬ相手から、電話がかかってくる

(2)健康状態や世間話をしながら、無料のプレゼントを送ると伝えてくる。

(3)無料ならと、送付に同意する。

(4)後日、無料のプレゼントと一緒に、金額の書かれた請求書と振込用紙が送られてくる。

以上のようなことも、あるようです。

振り込め詐欺と同様に、老人に分別が足りないことを期待して、電話をかけてくるのでしょう。

電話をした先すべてからお金を得ることはないし、成功率は高くないと思われますが、すべてを総合するともうかるから行われているのでしょう。

無料のプレゼントしての契約ですから、お金を支払う義務はありません。

放置しておいてもよさそうですが、相手からお金を払えと、再度の請求があるかもしれません。

また、無料のプレゼントだったのに、電話で売買契約が成立した、と言ってくるかもしれません。

面倒ですが、内容証明郵便やクーリングオフも検討すべきでしょう。
(民法、消費者契約法や特定商取引法を根拠に主張しても、相手は悪質ですから、応じない場合を思量するのです。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 老人をねらう電話① | トップページ | 老人をねらう電話③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/64585225

この記事へのトラックバック一覧です: 老人をねらう電話②:

« 老人をねらう電話① | トップページ | 老人をねらう電話③ »