« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

第61回有馬記念(GⅠ)

キタサンブラックにとって、1枠1番は最高の条件ではないか。

スタートですっとハナに立てれば、いつもの先行であっさりかも。

ハナといえば、マルターズアポジーは逃げないと勝負にならないようだから、スタート直後に競り合うと、キタサンブラックは余計な脚を使わされるかもしれない。

そうなれば、後ろからねらっているゴールドアクターやシュヴァルグランにチャンスがあるかも。

さて、初の古馬相手となるサトノダイヤモンドは、強い馬なら最後の直線でとらえるはずだが。

dangerなお、この情報に基づいて被った損害について、一切の責任を負いません。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老人をねらう電話③

お金を得るには、高齢者に直接会うのがよい、ということなのでしょうか、まずは老人の住まいを訪れるために、確かな約束を目ざすようです。

(1)見知らぬ相手から、不用品・不要品の買い取りの電話がかかってくる。

(2)いろいろ話をしながら、老人の住まいにある不用品・不要品を、相手が見つけ出す。

(3)大して価値のないものを、相手が買い取ると言う。

(4)相手が価値がなくてもかまわないと言うので、住まいに来てもらうことを約束する。

(5)老人の住まいに来た相手は、電話で約束した物以外の高価な物を低額で買い取ることを求めたり、買い取りを断ると住まいまでの出張料を要求してきたりする。

以上のようなことも、あるようですが、これは押し買いといわれるたぐいです。

大して価値のない物を求めて、わざわざやって来るということを、少し考えれば、どういうことか分かると思うのですが、老人はありがたいという気持ちが優先し、相手のたくらみを思い描かないのだと思います。。

このような場合には、相手が自宅に到着すると厄介なので、到着前に断りの電話を入れたいところですが、相手と連絡がとれないかもしれません。

そうなると、自宅での毅然とした対応が必要です。

買い取りを断り、帰ってもらうことを、簡潔かつ明確に伝えましょう。

それでも、相手が居座るのであれば、警察に連絡し、対応をお願いしましょう。

また、買い取りに応じたが、結果として不服であるときは、クーリングオフの対象になりますから、速やかに行いましょう。
(ただし、クーリングオフの対象外の品目もありますので、注意してください。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老人をねらう電話②

振り込め詐欺の話は、世間では目ずら少なくなりましたが、老人をねらう電話は、それだけではないようです。

例えば、送りつけ商法(ネガティブオプション)のようなものも、老人をターゲットにするようです。

(1)見知らぬ相手から、電話がかかってくる

(2)健康状態や世間話をしながら、無料のプレゼントを送ると伝えてくる。

(3)無料ならと、送付に同意する。

(4)後日、無料のプレゼントと一緒に、金額の書かれた請求書と振込用紙が送られてくる。

以上のようなことも、あるようです。

振り込め詐欺と同様に、老人に分別が足りないことを期待して、電話をかけてくるのでしょう。

電話をした先すべてからお金を得ることはないし、成功率は高くないと思われますが、すべてを総合するともうかるから行われているのでしょう。

無料のプレゼントしての契約ですから、お金を支払う義務はありません。

放置しておいてもよさそうですが、相手からお金を払えと、再度の請求があるかもしれません。

また、無料のプレゼントだったのに、電話で売買契約が成立した、と言ってくるかもしれません。

面倒ですが、内容証明郵便やクーリングオフも検討すべきでしょう。
(民法、消費者契約法や特定商取引法を根拠に主張しても、相手は悪質ですから、応じない場合を思量するのです。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老人をねらう電話①

振り込め詐欺は、高齢者が対象となる場合が多いでしょうが、電話をかけてくる人は、高齢者の存在をどうやって調べているのでしょうか。

電話番号のリストを利用しているのでしょうが、一定のフィルターで選ばないと、ターゲットにつながらない無駄な電話が生じてしまいます。

出るとすぐに切られる電話というものがありますが、振り込め詐欺の無駄な電話が含まれているのではないでしょうか。
(「もしもし」とか「名前」を言ったぐらいで、すぐに切られる電話がありませんか。)

発せられた声から、対象となる高齢者でないと分かると、切る。

このようなことを、けっこう繰り返しながら、振り込め詐欺は発生しているのではないでしょうか。

振り込め詐欺は、電話の経路を工夫して、特定されることを防いでいるそうですが、無駄な電話によるすぐに切る割合がとても多いと考えます。

すぐに切る電話が一定割合を超えたら、通信サービス側で電話を強制的に遮断するとか、あってもよいように思いますが、素人のたわごとでしょうか。
(いたずら電話や詐欺まがいの迷惑セールスも減ると思うのですが。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »