« 第51回京都大賞典(GⅡ) | トップページ | 労働時間の過少申告 »

残業ゼロを当たり前に

長時間労働を原因・理由とするニュースが、後を絶ちません。

政府は残業時間の上限を厳格にするかもしれませんが、残業ゼロにしませんか。

仕事を素早くできる人、よいアイディアをどんどん出せる人、たくさんの仕事をこなせる人、・・・・、労働者として能力の差があるのは事実でしょうが、1日が24時間であることは同じです。

法定労働時間で、スパッと終わりにしましょうよ。

そんなことじゃ、会社が回っていかない、世の中が成り立たない、・・・・。

そうですか。でも、今のやり方を続けて、景気はよくなりますか。
(今までの方法って、効率がいいのですか。)

残業ゼロにして、家庭のこと、自分のことに、十分な時間をかけましょうよ。
(保育施設を新しく作ることも、なかなか難しいようですから、自分の子育ての時間を増やすことも、検討すべきではないですか。)

残業ゼロを当たり前にすることが、当たり前に必要だと思います。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 第51回京都大賞典(GⅡ) | トップページ | 労働時間の過少申告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/64374091

この記事へのトラックバック一覧です: 残業ゼロを当たり前に:

« 第51回京都大賞典(GⅡ) | トップページ | 労働時間の過少申告 »