« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

労働時間の過少申告

実際に働いた時間よりも少ない時間を、会社側に報告・申告したことがある人は、けっこういるのではないでしょうか。
(少なくするのが、その会社の慣行だったり、上司や先輩に従ってだったりすることが多いのでは。)

実際の労働時間よりも少なくするのですから、事実とは異なっていることを分かっていながら、行うということです。

うそというのは正しくなくて、善くないよという感覚は、ほとんどの人にあるはず。
(幼いころだったら、やっちゃいけない、ということで、行わないかもしれませんね。)

これを納得していないけれど、しかたがないとするのは、冷静に考えなくても不思議なことです。
(こういうことは、大人の世界では、しかたがないだなんて理由・言い訳は、悲しいし、認めたくないです。)

だれが悪いとかは別にして、これって、ごまかしの一つですよね。

残業時間の上限を見直しても、このような習わし・しきたりが続くのであれば、実効がないのではと考えます。
(厳格に労働時間を管理することを、担保することのほうが、先だと思います。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残業ゼロを当たり前に

長時間労働を原因・理由とするニュースが、後を絶ちません。

政府は残業時間の上限を厳格にするかもしれませんが、残業ゼロにしませんか。

仕事を素早くできる人、よいアイディアをどんどん出せる人、たくさんの仕事をこなせる人、・・・・、労働者として能力の差があるのは事実でしょうが、1日が24時間であることは同じです。

法定労働時間で、スパッと終わりにしましょうよ。

そんなことじゃ、会社が回っていかない、世の中が成り立たない、・・・・。

そうですか。でも、今のやり方を続けて、景気はよくなりますか。
(今までの方法って、効率がいいのですか。)

残業ゼロにして、家庭のこと、自分のことに、十分な時間をかけましょうよ。
(保育施設を新しく作ることも、なかなか難しいようですから、自分の子育ての時間を増やすことも、検討すべきではないですか。)

残業ゼロを当たり前にすることが、当たり前に必要だと思います。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第51回京都大賞典(GⅡ)

絶対的な馬がいない第67回毎日王冠(GⅡ)は、予想が難しいのでは。

こちらは、キタサンブラックとラブリーデイという予想が多いのでは。

でも、ラブリーデイって、今年は目立っていないのでは。

むしろ、1歳若いサウンズオブアースに期待したい。

dangerなお、この情報に基づいて被った損害について、一切の責任を負いません。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成年後見制度はビジネスではない

判断能力が十分でない状態の人を、補う目的で整備されたのが、成年後見制度だと思いますが、後見人の悪事がちょくちょく報道されます。

判断能力が不十分な状態の人は、自分の財産の管理を、自分で十分にできなくなっているから、成年後見制度を利用するわけで、後見人の悪事が行われないように、第三者が監督するしかありません。
(制度上も、そうなってはいますが、悪事が行われますね。)

成年後見制度の精神は、社会貢献とか奉仕とかだと思うのですが、無料のボランティアですべての人に対応することは、無理ということです。

だから、報酬を得て活動する後見人が必要となり、委任されています。

でも、社会貢献とか奉仕とかの精神ですから、報酬を高く設定することはできません。

やはり、いろんな意味で余裕のある人が、本来は受任すべきものだと考えます。
(それでは、人員を確保できないと、言われてしまいますかね。)

成年後見制度はビジネスではない、ということが基本線だと思いますが、これからますます必要となる制度でしょうし、運用を改善して維持しなければならないと思いますが、難しいですね。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第50回スプリンターズステークス(GⅠ)

短距離を得意とする(というか、短距離しか走らない馬)が、集合するレースの一つ。
(ただし、カーブはあるし、坂もあるから、内枠の馬は、神経を使うのではないだろうか。)

高松宮記念で1着、2着のビッグアーサーとミッキーアイルの評価が高いけれど、1枠1番と休養明けというのが、全く気にならないということもない。
(馬場はどうだろう。)

気になる馬ということであれば、私はブランボヌールとネロである。

dangerなお、この情報に基づいて被った損害について、一切の責任を負いません。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »