« 多少の譲歩が示談には必要 | トップページ | 若い選手に経験を与える年 »

今のままでは勝負にならない

安全保障関連法案に反対する人の声は、ますます大きくなっていますが、内閣は相変わらずで、聞く耳を持っていない様子。

この様子を見てふと思ったのが、政治家に対する陳情のことでした。

政治とカネの問題はちょくちょく報じられているし、政治献金も認められているので、国会議員に頼みに行く人は、多いのだろうと思います。

どのような国会議員に頼むかは当人の自由(というほど敷居は低くないかな。)?なのでしょうが、(与党の)特定の方面の実力者といわれる国会議員は、頼まれやすいのではないでしょうか。
(信頼できる人であっても、野党の議員では、実現の可能性が低いから。)

つまり、安全保障関連法案に反対する人の代表が、与党の国会議員に政治献金をぶら下げて陳情したら、どのような対応をしてもらえるのかなと思ったのです。

デモというのは集団になることで、大きく見せる・勢いを見せる、という方法だと思いますが、今の内閣は土俵が違うとばかりに相手にしていない感じです。
(与党側ではない橋下徹さんも、国会前のデモの人数を少数派である旨の発言をしたそうです。)

反対する人が少額ずつ出し合って、献金を安倍晋三さんに手渡すとか、直接的に訴えるとか、どうなのかなと思ったのです。
(安倍さんのことだから、拒否するだろうな。)

でも、受け取る献金と受け取らないお金ということで、差別的として世論にインパクトを与えませんかね。
(お金で政策を買うともいわれる政治献金ですから、皮肉としても用いたらと思ったのですが、大したことはありませんかね。)

でたらめな憲法解釈も平気な方なのですから、対抗する側も奇計を用いて世論を刺激するぐらいでないと、今のままでは勝負にならないと思うのです。
(私にはよいアイディアがありませんが、もっとよい策がありましたら、皆さん発表してください。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 多少の譲歩が示談には必要 | トップページ | 若い選手に経験を与える年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/62196640

この記事へのトラックバック一覧です: 今のままでは勝負にならない:

« 多少の譲歩が示談には必要 | トップページ | 若い選手に経験を与える年 »