« 民間の裁判所 | トップページ | 車内用の殺虫剤? »

コストをかけても無駄になるかも

日本年金機構の年金記録が漏えいしたとの報道がありましたが、日本年金機構側の体制・対策はともかく、回線を使って情報をやり取りするのであれば、100%防ぐことは無理なのではと思います。

年金の情報というのは重要な内容ですから、漏れないのが当たり前でなくてはなりませんが、大昔のように紙に情報を記録してその紙を運んで処理するという仕組みに戻すこともできません(それでも、別の方法で漏えいする可能性があります。)し、どこまでセキュリティー対策を施しても限界があるのでは。

つまりはコストをかけても、無駄になるかも。(暴言かなぁ。)

年金制度が存続できるのかとか保険料の未納の割合をどうするのかとか、やっぱりコストをかけても、無駄になるかも。(暴言かなぁ。)

職業によって年金の種類が異なっていることも、個人的には変だなぁと思っておりますので、国民すべての人は同じ年金にして、老齢年金については同じ金額にしたらどうかと考えます。
(そうすれば、個人ごとの記録がなくなります。)

年金の原資は保険料ではなく税金で徴収すれば、未納の割合も極めて小さくできるように考えます。
(徴収の方法次第では、未納はなくなるでしょう。)

一番のメリットは、給付の事務を行っている人を大幅に少なくすることができることです。
(だって、みんな同じ額ですから、計算する必要がなくなります。受給についての相談も、ほとんどなくなるでしょう。)

記録の漏えいということだけでなく、年金給付のコスト削減ということも考えてほしいと思いました。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 民間の裁判所 | トップページ | 車内用の殺虫剤? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/61683301

この記事へのトラックバック一覧です: コストをかけても無駄になるかも:

« 民間の裁判所 | トップページ | 車内用の殺虫剤? »