« 居眠り | トップページ | クロダノミクス »

無投票

県議会議員選挙が行われているそうですが、無投票で決まった所が結構あるそうですね。

無投票の所は選挙特有の連呼が響かず、静かでしょうが、なんで一人しか立候補しないのかとも思います。
(国政選挙や県知事選では考えられないですよね。)

理由を考えてみると、
・現職が強い(勝負にならない)。
・選挙のために必要なお金がない。
・誰がやっても大して変化がない。
・やりがいがない。
というところでしょうか。
(あくまでも私論です。)

私論を続けさせていただくと、県議会というよりも、国・都道府県・市町村という区分が本当に必要なのかと、思っております。

ITの技術により、事務の量や処理方法は、昔と異なっています。

三つの区分に分けて行わなくても、可能となっていることが多いと考えます。

また、異なる行政区分であるのに、よく似た仕事が行われているなと感じることがあります。
(二重行政という言葉はありましたよね。)

例えば、三つから二つにすれば、公務員の人員を減らすことができますし、無駄な行政の仕事も減ります。
(人口が増えないからとか高齢者の割合が増えているからとか言うだけではく、無駄を減らすことを真剣に行っているのか、今の政治は疑問です。)

道州制とか大阪都構想とかとは、全く同じではないと思いますが、日本の行政区分・組織の見直しをする時期になっているのではと、私は考えます。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 居眠り | トップページ | クロダノミクス »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/61408810

この記事へのトラックバック一覧です: 無投票:

« 居眠り | トップページ | クロダノミクス »