« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

人を雇ったら就業規則を作りましょう

自営業を始めて、しばらくしたら家族に手伝ってもらうようになった。

忙しくなってきたから、人を雇った。

こんな感じの方が、いらっしゃると思います。

従業員が10人以上になっていないから、就業規則は関係ない。

こんな感じの方も、いらっしゃると思います。

就業規則は、会社と社員が守る決まりごとですから、従業員が1人でもいらっしゃるのであれば、あってよいものと考えます。

自分だけ・家族だけの状態であれば、意思決定・意思疎通で困ることは少ないでしょうが、他人である社員が働くということは、トラブルの可能性が大きくなります。

実際に問題が起こった後では、解決が難しいことがありますから、未然に防ぐために、解決方法を作っておくために、あらかじめのルールが必要なのです。

就業規則なんか作ったら、束縛が大きくなるだけじゃないの。

こんなお考えの社長さんが、いらっしゃるかもしれません。

特定社会保険労務士 今井和寿事務所にご依頼いただければ、会社の実態や社長さんのご意向を踏まえて、適切な就業規則を作成いたします。
(ご用命をお待ちしております。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まるで梅雨だなぁ

4月の後半なのですが、寒さを感じることがあります。

雨が降ることが多くて、日照時間を削っていることが原因でしょうが、いろいろ影響があるでしょうね。
(仕事に、植物・野菜の育ちに、日曜大工に、行楽に、・・・・。)

雨の降る日が多く感じられ、まるで梅雨だなぁと思ってしまいます。

そう言えば、冬についてはどのような見解が述べられたのでしょうか。
(報道で伝えられているのでしょうが、私は気付きませんでした。)

強烈に寒い日があったという印象はありませんが、暖かな日が続いたという印象もありません。
(やや寒かった冬ではなかったでしょうか。)

少し気が早いと言われそうですが、冬と春の状態が、夏の傾向にも関係するのではないかと、素人としては考えるわけです。

私には涼しい夏のほうがよいので、期待しております。
(でも、雨が多いのは、困りますけど。)

個人的には、花粉や黄砂で春のイメージが変わりましたから、他の季節に期待しております。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第75回桜花賞(GI)

重賞で牡馬を圧倒したルージュバックが人気だが、勝ったコースが新潟、東京、そして京都。
(しかも、1800m~2000m。)
阪神1600mでは挑戦者ということではないか。

無敗馬の中では中山と阪神で走ったクイーンズリングが上位ではないか。

堅実に結果を残しているレッツゴードンキも面白い。

キャットコインとココロノアイは、スタート次第だろう。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロダノミクス

日銀が金融政策決定会合で、大規模金融緩和の継続を決めたという報道がありました。

2年前に、2年程度で2%の物価上昇、ということで始まったと記憶していますが、無理だったことが事実です。

現状ではアベノミクスの屋台骨といっていい政策で、続けなければならない状態なのでしょう。
(続けないとその後どうなるか、考えただけでも恐ろしい(゚ー゚;。)

アベノミクスの他の政策はどこに?という感じですから、アベノミクスではなくクロダノミクスと言うべきではないでしょうか。

クロダノミクスという言葉が使われているのか、ネットで検索したところ、別の黒田さんのことが表示されました。

プロ野球の広島東洋カープに黒田投手が復帰したことで、地元の企業の株価が上昇しているそうで、クロダノミクスなのだそうです。

さて、株価といえば金融商品ということになりますが、金融緩和が終わったら、どうなりますかね。
(知っている方は教えてください(*゚ー゚*)。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無投票

県議会議員選挙が行われているそうですが、無投票で決まった所が結構あるそうですね。

無投票の所は選挙特有の連呼が響かず、静かでしょうが、なんで一人しか立候補しないのかとも思います。
(国政選挙や県知事選では考えられないですよね。)

理由を考えてみると、
・現職が強い(勝負にならない)。
・選挙のために必要なお金がない。
・誰がやっても大して変化がない。
・やりがいがない。
というところでしょうか。
(あくまでも私論です。)

私論を続けさせていただくと、県議会というよりも、国・都道府県・市町村という区分が本当に必要なのかと、思っております。

ITの技術により、事務の量や処理方法は、昔と異なっています。

三つの区分に分けて行わなくても、可能となっていることが多いと考えます。

また、異なる行政区分であるのに、よく似た仕事が行われているなと感じることがあります。
(二重行政という言葉はありましたよね。)

例えば、三つから二つにすれば、公務員の人員を減らすことができますし、無駄な行政の仕事も減ります。
(人口が増えないからとか高齢者の割合が増えているからとか言うだけではく、無駄を減らすことを真剣に行っているのか、今の政治は疑問です。)

道州制とか大阪都構想とかとは、全く同じではないと思いますが、日本の行政区分・組織の見直しをする時期になっているのではと、私は考えます。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »