« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

居眠り

冷たい大気が入り寒くなっていますが、今の時季は花粉症の薬を飲み続けている人が多いと思います。

最近の薬は眠気の副作用が小さくなっているといわれていますが、それでも眠くなる人はいますよね。
(自動車や機械の操作などでは、眠気に注意してください。)

花粉のシーズンだから勤務中に居眠りしてもいい、なんて会社はないと思いますが、少しぐらい大目に見てくれるおおらかさが日本には必要?
(~3年目の浮気ぐらい大目に見てよ~という歌詞のある歌がありましたが、浮気は駄目です。)

そう言えば、花粉症とは関係ありませんが、私が通った中学・高校では居眠りしている生徒をきつくしかる先生がいました。

おしゃべり(私語)と違って意識的に眠っているわけではないんだろうから、そんなに怒らなくてもよいのにと、当時感じたことを思い出しました。
(私は眠い時もあったのですが、一度も注意されたことがないという記憶です。)

最近は自由に(?)しかることができないようになりましたから、居眠りを見つけても先生は注意しないんでしょうか。
(おしゃべりよりはましでしょうから。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退職後の健康保険

3月は年度末ということで、会社を退職する人がいらっしゃるでしょう。

会社勤めのときは協会けんぽの被保険者だった人が多いでしょうが、退職後には別の制度の対象となります。

会社が退職の手続きを進めると、国民健康保険が案内されるかもしれませんが、他の制度も考えられます。

家族に会社勤めの人がいて協会けんぽの被保険者であれば、その被扶養者になれる可能性があります。

さらに、協会けんぽの任意継続被保険者という方法も考えられます。

これらの大きな違いは負担する保険料の金額ですから、調べて検討してくださいね。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年齢で一律ではなくてもよいのかも

選挙権の対象を、18歳以上とするそうです。

18歳というのは未成年なので一定の保護の対象なのですが、選挙権の行使については考慮する必要がないということでしょうか。

18歳以上とすることについてのメリットや外国での年齢設定の情況なども報じられていますが、国民からの自発的な求めがあったのでしょうか。
(私が知らないだけですか?)

日本の選挙は投票率の低さが指摘されていますが、18歳以上とすることで劇的に代わるとも思えません。

選挙に関心をもってもらう、選挙にかかわりをもってもらう、ということであれば、選挙権の年齢よりもすべての被選挙権を20歳以上にするほうが、インパクトが大きいと思うのですが。
(ここには書きませんが、今回の改正で18歳としたのは、将来の別の目的・意図があるのではと、私は危惧しております。)

まあ、18歳にしても20歳にしても、いろんな人がいますし、投票日すら意識していない人もいるようですから、年齢で一律ではなくてもよいのかもしれませんね。
(選挙権を得るためのテストというのは、まずいですかね。)

先人が苦労して手に入れた選挙権のありがたみを、理解していない人が多いと思います。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »