« 何をすべきだろう | トップページ | 年齢で一律ではなくてもよいのかも »

読んだが分からない場合には

法律が変わると、それに対する出版物が出てきます。相続税の改正もその一つ。
(税金を多く取ってくださいという人はいないはずですので、税金を少なくする工夫を求めるでしょうから。)

そんな人のための本が、いろいろ出版されるということです。

まあ、読んだが分からない、という場合もあるでしょうから、そんなときは専門家に相談すべきでしょう。

当方では、離婚協議書を専門に扱っておりますから、ご来所をお待ちしております。

書籍の活用は有効ですが、読んだが分からない場合には、ほったらかしにせず、知っている人に尋ねましょう。
(そのために、専門の人がいるのだと思います。)

行政書士今井和寿事務所(離婚協議書作成センター)に、ご連絡ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 何をすべきだろう | トップページ | 年齢で一律ではなくてもよいのかも »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/61202459

この記事へのトラックバック一覧です: 読んだが分からない場合には:

« 何をすべきだろう | トップページ | 年齢で一律ではなくてもよいのかも »