« もう次の台風が来ていますよ。 | トップページ | 第150回天皇賞(秋)(GⅠ) »

愛知県労働委員会のあっせん

毎年10月は個別労働紛争処理制度周知月間となっており、中央労働委員会と都道府県労働委員会では、労働委員会の「個別労働紛争処理制度」のより一層の活用促進を図るため、全国各地で集中的な周知・広報の取り組みを行っているそうです。
(個別労働関係紛争のあっせんについては、愛知県のWebサイトをご覧ください。)

労働者と使用者の間でトラブルが発生した場合に、第三者(あっせん員)の助言を聞きながら解決をめざす方法で、非公開・迅速・費用がほとんどかからない、といったメリットがあります。

労働者と使用者が直接交渉した場合に、話が進まなかったり感情的なあつれきが生じたりといったことがあります。
(直接だと言いにくい場合もあるでしょう。)

あっせん員が双方を調整するような形で手続きが進みますから、対決姿勢なることもなく歩み寄りが期待できます。

特定社会保険労務士なら、手続きのお手伝いが可能です。
特定社会保険労務士今井和寿事務所にご用命ください。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« もう次の台風が来ていますよ。 | トップページ | 第150回天皇賞(秋)(GⅠ) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/60551524

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知県労働委員会のあっせん:

« もう次の台風が来ていますよ。 | トップページ | 第150回天皇賞(秋)(GⅠ) »