« やっぱり、朝の時間を | トップページ | 相手を信じる? »

本人の意思に関係なく入手・流通

ベネッセの顧客情報流出事件で派遣SEが逮捕されたそうですが、この容疑者について、借金があり生活に困っていた、という報道がありました。

この人がどんな生活をしていたかは不明ですが、情報を漏らせばどんなことになるかは理解していたはずで、受け取った金額のことを考えても、よく分からない感じがします。

さて、この人のことは別にして、個人情報が流通していることは、間違いないようです。
本人の意思に関係なく、個人情報の入手・流通が行われているのも、事実でしょう。
(皆さんも、普段、セールス営業や配達物などで、感じることがあるでしょう。)

個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)というものもありますが、情報を流通させている業者にはあまり関係がないという感じでしょうか。
(行政が積極的に関与するような仕組みでないと、抑制は難しいでしょう。)

個人情報の入手が難しくなると商売が難しくなる会社もあるでしょうから、今度のようなことがあっても縛りを厳しくすることはない?
(今の内閣は景気第一ですから、企業活動がやりづらくなるようなことはしない?)

個人情報は、個人を特定・識別するために必要なものであるので、全く秘密にすることはあり得ません。

しかし、個人情報が第三者に渡ったことが原因で、トラブルが発生するのも事実ですから、容易な救済方法と相当慎重に情報を扱わざるを得ない仕組みを設けるべきだと思います。
(「訴訟を起こさないと救済されない」では、一般の人には、とても難儀ですから。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« やっぱり、朝の時間を | トップページ | 相手を信じる? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/60003663

この記事へのトラックバック一覧です: 本人の意思に関係なく入手・流通:

« やっぱり、朝の時間を | トップページ | 相手を信じる? »