« 私製の離婚協議書も作成します | トップページ | 出勤前に相談 »

日本株はまだ割安?

報道によると安倍総理大臣は、日本の株価を常に意識しているそうだ。
(株価と景気の関係、それとも株価と内閣支持率の関係ということで、チェックしているのか?)

安倍総理大臣の考え方?からすると、日本株はこれからも上昇することになるようだが、日本株の今はまだ、安いんだろうか?

株価が割安かを判断する指標の一つに、PBR(株価純資産率)というものがある。
PBRを簡単にいえば、発行済みの株の総額を、会社の財産から負債を差し引いたもので割った値、である。

だから、PBR = 1.0 というのを、判断の基準とすることができる。

私は気になった会社を見る程度で、すべての銘柄をチェックしているわけではないが、PBR < 1.0 という日本株はけっこうある。

しかし、PBRが小さい会社には、配当が期待できないものが多いという印象もある。

割安だから買っちゃおう、という気にはならないのが自然だと思う。

NISAの導入、GPIFでの運用比率の引き上げ、そして安倍総理大臣の発言は、庶民を投資にあおっているように感じられてしまう。

投資は自由だけど自己責任で行うものだし、いろいろ勉強する必要があるものだと私は考える。
(だから、冷静に慎重に判断したい。)

また、近年は理論株価といって、現在や過去の業績を加味して株価を判断する考え方があり、それで見ると買いたいと思える銘柄が絞られる印象だ。

日経平均だけで、日本株はまだ割安、なんて判断をせずに、個別の銘柄をしっかりと検討すべきではないだろうか。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 私製の離婚協議書も作成します | トップページ | 出勤前に相談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/59880011

この記事へのトラックバック一覧です: 日本株はまだ割安?:

« 私製の離婚協議書も作成します | トップページ | 出勤前に相談 »