« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

日本株はまだ割安?

報道によると安倍総理大臣は、日本の株価を常に意識しているそうだ。
(株価と景気の関係、それとも株価と内閣支持率の関係ということで、チェックしているのか?)

安倍総理大臣の考え方?からすると、日本株はこれからも上昇することになるようだが、日本株の今はまだ、安いんだろうか?

株価が割安かを判断する指標の一つに、PBR(株価純資産率)というものがある。
PBRを簡単にいえば、発行済みの株の総額を、会社の財産から負債を差し引いたもので割った値、である。

だから、PBR = 1.0 というのを、判断の基準とすることができる。

私は気になった会社を見る程度で、すべての銘柄をチェックしているわけではないが、PBR < 1.0 という日本株はけっこうある。

しかし、PBRが小さい会社には、配当が期待できないものが多いという印象もある。

割安だから買っちゃおう、という気にはならないのが自然だと思う。

NISAの導入、GPIFでの運用比率の引き上げ、そして安倍総理大臣の発言は、庶民を投資にあおっているように感じられてしまう。

投資は自由だけど自己責任で行うものだし、いろいろ勉強する必要があるものだと私は考える。
(だから、冷静に慎重に判断したい。)

また、近年は理論株価といって、現在や過去の業績を加味して株価を判断する考え方があり、それで見ると買いたいと思える銘柄が絞られる印象だ。

日経平均だけで、日本株はまだ割安、なんて判断をせずに、個別の銘柄をしっかりと検討すべきではないだろうか。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私製の離婚協議書も作成します

離婚届を提出する前にさまざまな取り決めを行ったら、書面(離婚協議書)にします。
(口約束だけでは何の根拠にもならない場合がありますから。)

約束が守られなかった場合に裁判を起こしたとしても、証拠がないと大変です。

ですから、取り決めの内容を書面にすることは、最低限行うべきことなのです。
(強制執行のことを考えると、私製の書面ではなく、強制執行認諾約款(条項)付の公正証書が一番良いのですが、なにもないより良いのは当然です。)

私製の離婚協議書の作成は、今井和寿事務所にご用命ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残業代ゼロ制度は駄目

先日、残業代ゼロ制度が導入されそうだという報道がありました。

成果が出なければ、際限ない労働になってしまうと心配されていますが、この制度の話の前に、雇用というものがどういう性質であったかを、考える必要があると思います。

雇用には支配関係があります。
労働者は使用者の指揮に従わなければなりません。

また、雇用契約では労働条件が定められ、就業の場所や従事する仕事の内容も、そこで決まっています。

ですので、使用者が認めた仕事を、使用者が認めた方法で行うというのが、雇用というものの原則であると考えます。

例えば、Aという物からBという結果を得る、という仕事があるとします。
(A → B というのは、雇用契約の仕事の内容として定められています。)

A → B にする方法は、使用者が認めた方法であり、使用者の指揮に従う方法です。

このとき、B という物が実現すると、成果になるはずです。

成果を出すための方法は使用者が認めたもので、労働者は使用者の指揮に従っています。

もし、B という成果が出なかった場合、労働者だけに原因(責任)があるでしょうか?

そんなわけ、ありませんよね。

成果を出すまで働け、というのは駄目なんです。

残業代ゼロ制度が導入されると、なんとしても成果を出さなければと、労働者は懸命になるでしょうが、方法・工程には創意工夫が求められます。

使用者の指揮と関係なく、自分の考えで行動することになるのではないでしょうか。
(このような状態は、雇用関係では無理で、請負契約がふさわしいと思います。)

政権側は、残業代ゼロ制度は長時間労働を助長するものではない、というようなことを言っているようですが、残業代の支払いが不要であれば、成果のハードルを上げて、こき使うことになりませんか?

残業代ゼロ制度の対象者が労働時間の長さを原因として心身を悪くした場合に、行政はどのように対応するのでしょうね。
(だから、労働時間を規制しているんでしょ!)

行政はかかわらずに、すべて民事裁判で解決、なんてことになりませんかね。
(労働時間という物差しがなくなると、技術的に対応が難しくなります。)

やっぱり、会社の都合を優先しているだけなんですよ、安倍政権は。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »