« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

のんびりできないよね

年末ということで、テレビ番組も普段とは異なる番組を放送していますね。

これは、ゆっくりテレビを見てくださいということでしょうか。

しかし、掃除とか不用品の整理とか、いろいろ雑用に時間を取られている人が多いのではないでしょうか。

それでは、正月の三が日はゆっくり過ごせそうですか?

やっぱりいろいろ忙しい人が多いのではないでしょうか?
(意外とのんびりできないよね。)

皆様、よいお年を。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪瀬さんのこれからのお仕事は

連日追及されていた猪瀬東京都知事が辞任することになりましたね。

事の真相は定かではありませんが、当初の話から内容が変わっていったのはなぜでしょうね。
(何か隠していることがあるんじゃないかとか、取り繕う理由があるんじゃないかとか、余計に詮索されても仕方がないですよね。)

まあ、権限・権力のある人には、お金が集まってくるという例の一つではと思いますが。

ところで、猪瀬さんはノンフィクション作家というのが、本業だったはずですよね。

猪瀬さんのこれからのお仕事は、今回の出来事について、詳細に書くことだと思います。
(当事者なのですから、相当真実に迫れますよね。(*^.^*))

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちぐはぐでは

労働者派遣法の業務の区分をなくして、すべての業務の無期限派遣を可能とする制度の方針である、というニュースがありましたね。

民主党政権のときは規制を強化する方向だったはずですから、現政権は逆ということですか。
(政策の転換は、他の労働法にも影響があるでしょうか。ちぐはぐではと感じます。)

解雇しやすくするとか、残業代を支払わなくてもよくするとか、経営者側に都合のよい制度を作ろうという話が以前からありましたが、労働者の保護が景気の妨げになるという考え方でしょうか。

労働者の保護は経営者側にとって、不利になる場合が多いのでしょうが、労働者派遣法を緩和すれば正社員は減るでしょうね。

正社員が減っても、日本の会社は問題ない?
派遣労働者が増えても、社会保障上問題ない?
(労働行政で働いている国家公務員の人たちは、どのような考え方なのでしょうね。)

与党側は特定秘密保護法と同様に、数の力で突き進むのでしょうか。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロの技を見せてほしい

プロボクシングの亀田大毅選手が敗れたWBA・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦のIBF王者の扱いが、珍妙なことになりましたね。
(敗れても王者のままということが、IBFのルールでは既定だったとのことですが、それが事前に報道されていたら、試合を見なかった人もいたりして。)

プロボクシングを競技と見るか、興行と見るかは、人それぞれでしょうが、今回のことは茶番と感じと人が多かったのではないでしょうか。
(今までも物議を醸してきた亀田ファミリーのことだからと納得してしまっては、さすがに失礼でしょうね。)

私はプロボクシングを、ルールのある殴り合いであるとして、競技として見ていますが、亀田兄弟のファイトにはいつも不満です。

クリンチも技術のうちなのかもしれませんが、相手をかいくぐって的中するという攻撃に、プロの技を見せてほしいのです。
(これからも同様の試合が続けば、興行という評価になりますね。)

その点、大みそかのWBA世界S.フェザー級内山高志×金子大樹戦とWBA世界ライトフライ級井岡一翔×フェリックス・アルバラードには、期待しますね。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車は相変わらずの動き

道路交通法の改正で、自転車が右側を通行した場合は3カ月月以下の懲役又は5万円以下の罰金が科されることになったと、昨日はいろいろなテレビ番組で伝えられていました。

でも、私の感想は、自転車は相変わらずの動きを見せております、という感じですね┐(´д`)┌ヤレヤレ。
(やっぱり、警察官が取り締まらないと、直らない人は直らないかな。)

私個人の考えとしては、道路交通法の改正だけでなく、定期的な道路交通についての教育の機会を設ける必要があると思っております。
(危ない自転車運転の人が多いと思うからです。)

ルールを守らない自転車の動きが、自動車や歩行者にとっても困った存在であるということを、自覚していない人が多いように感じます。
(一定の損害賠償保険の強制加入も、必要な状況ではないでしょうか。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »