« 暑いというより熱い | トップページ | 本当に大丈夫かな »

嫡出子と婚外子だけの話ではなくなるのでは?

嫡出子と婚外子(非嫡出子)の相続割合についての裁判が続いているそうです。

報道によると、婚外子に対して差別があり、違憲との判断が示される可能性が高いそうです。

確かに、生まれてきた子どもにはどうすることもできないことですから、差別はあってはならないという考え方は分かります。

ただ、婚外子が生まれることが望ましいことではないという考え方もあるわけです。
(婚姻関係を破壊している場合が多いでしょう。また、結婚してもしなくても同じだという空気が生じるかもしれませんね。)

また、婚外子ということですから、婚姻という行為や戸籍制度の問題とも関係があります。
(夫婦別姓の問題も、関係があると考えます。)

婚外子(非嫡出子)の相続割合を変更するのであれば、夫婦別姓や戸籍制度の変更も必要になってくるのではないかと思います。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 暑いというより熱い | トップページ | 本当に大丈夫かな »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/57767990

この記事へのトラックバック一覧です: 嫡出子と婚外子だけの話ではなくなるのでは?:

« 暑いというより熱い | トップページ | 本当に大丈夫かな »