« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

安倍内閣の今後

内閣支持率が落ちたそうです。

参議院選挙では勝ったのに、どうしたことでしょうね。
(勝ちすぎに対する、危機感?消費税のことが関係しているのかな?)

野党が対抗できないと、独断的な政治が行われるのではという不安もあるでしょう。
(憲法、原発・・・。)

また、実感できない景気回復で消費税率アップでは、消費が冷え込み、不況に戻ってしまうという心配もあるでしょう。

TPPのこともありますし、安倍内閣の今後が安泰とは考えにくくなってきました。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に大丈夫かな

参議院議員選挙の結果は、報道から予想できますが、本当に大丈夫かな、と思ってしまいます。

景気が重点であるとして、安倍政権の景気・経済政策に期待しての投票でしょうが、経済学者には、アベノミクスに対して依然として否定的な見方をしている人が多いように思います。
(経済学者の発言は、他の分野の専門家に比べて小さい影響なのかな?それとも、経済学は当てにならない(失礼)?)

また、自民党に投票する人が、政権の原発、憲法、社会保障、外交、歴史認識といった政策について、すべて同意しているとは思えないのですが。
(投票しても、自分の考えが反映されない、選択したことにならない、ということにもなりますね。)

本当に大丈夫かな、参院選後の日本。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嫡出子と婚外子だけの話ではなくなるのでは?

嫡出子と婚外子(非嫡出子)の相続割合についての裁判が続いているそうです。

報道によると、婚外子に対して差別があり、違憲との判断が示される可能性が高いそうです。

確かに、生まれてきた子どもにはどうすることもできないことですから、差別はあってはならないという考え方は分かります。

ただ、婚外子が生まれることが望ましいことではないという考え方もあるわけです。
(婚姻関係を破壊している場合が多いでしょう。また、結婚してもしなくても同じだという空気が生じるかもしれませんね。)

また、婚外子ということですから、婚姻という行為や戸籍制度の問題とも関係があります。
(夫婦別姓の問題も、関係があると考えます。)

婚外子(非嫡出子)の相続割合を変更するのであれば、夫婦別姓や戸籍制度の変更も必要になってくるのではないかと思います。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑いというより熱い

暑くなってしまいました、という感じです。
(暑いというより熱いという日々が始まったのですね。)

暑くなると思うのが、冷房がなかったら、どうなるかということ。

夏のイメージには、活力とか元気とかもあったように思いますが、救急車で運ばれる人がいるのですから、用心しなければならない季節ですよ。

夏には晴耕雨読という言葉は、もはや当てはまらないでしょう。

冷房のある部屋で、じっとしていたいなぁ。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »