« いわゆる硬球の一つ | トップページ | 扶桑町 行政書士 »

時間外労働と休憩時間

6時間を超える労働に対しては、45分の休憩が与えられる必要があります。
8時間を超える労働に対しては、60分の休憩が与えられる必要があります。

この休憩ですが、60分間設けられている場合でも、始業から8時間以内に設けられている場合が多いですよね。

この場合に、8時間に続けて時間外労働があった場合の休憩は、必要でしょうか?

これについては、労働基準法には特に定めがありません。

ということは、さらに休憩を与えなくてもよい、ということになります。

しかし、労働者の疲労や労働効率を考えると、好ましいことではありません。
(残業中の休憩時間や賃金について、定めを設けるのが望ましいですね。)

私は残業はないほうが良いと思っていますから、残業を減らす努力をしていただきたいです。
(「残業が当たり前」というのは、悪しき慣行だと思いますよ。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« いわゆる硬球の一つ | トップページ | 扶桑町 行政書士 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/57611104

この記事へのトラックバック一覧です: 時間外労働と休憩時間:

« いわゆる硬球の一つ | トップページ | 扶桑町 行政書士 »