« じっくりお話しをさせてください | トップページ | 五月病 »

黄信号の存在

赤信号を見たら停止するのが、交通ルールとして当たり前のはずです。

だから、すぐに赤信号に変わり(替わり)ますよ、という意味で、黄信号があるはずです。

個人差はあっても黄信号を見たら、停止を意識する・停止を準備する・減速する、といった反応がまっとうだったはずです。
(自動車運転手の意図が、車外の人にも伝わっていました。)

しかし、ここ数年でその慣行が変化してしまったというのが、私の印象です。

赤信号に切り替わっていても、減速しない・通過する、という意図の運転者が多くなりました。
(過半数ではないでしょうか。)

こうなると困るのが、交差点での右折です。

赤信号が見える状態でも、対向車が交差点に入ってくるのです。

つまり、自分の自動車の右折が大変なのです。

対向車が遠慮しないというか、強引に突っ込んでくるのは、黄信号を軽んじているからだと思います。

赤信号についての啓発は昔から続いていると思いますが、黄信号についてのアピールは少ないのではないでしょうか。

意識の中に黄信号の存在が大きくなれば、交通事故が少なくなると考えるのは、私だけでしょうか。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« じっくりお話しをさせてください | トップページ | 五月病 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/57382275

この記事へのトラックバック一覧です: 黄信号の存在:

« じっくりお話しをさせてください | トップページ | 五月病 »