« 自転車も一時停止 | トップページ | 資産バブル? »

憲法96条

安倍首相が憲法改正に意欲を示して、まず、憲法96条の改正を行いたいそうですが、皆さんはどう思われますか?

憲法96条の改正というのは、「各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が発議し、国民に提案してその過半数が賛成する」という内容についてです。

憲法96条の手続きは、硬性憲法といわれ、一般の法律よりも改正手続きが厳しい(難しい)ものとなっています。

安倍首相は、これを楽にしたいようですが、憲法の改正を簡単にすることは問題があるように思います。

日本国憲法は、日本の最高法規であり法秩序の最高位としています。

簡単に変更できるようになると、社会の成り立ちにも影響は必至です。
(変化=混乱という場合があることを、理解していないのでしょうか。)

安倍首相は、政権交代ごとに憲法を改正してもよいかの発想、という感じさえします。

憲法の内容についての改正の必要性と憲法96条の改正とは、別の問題ではないでしょうか?
(「各議院の総議員の3分の2以上の賛成」をクリアできないような内容であれば、社会が混乱するのではないでしょうか。)

私は、憲法の改正については、憲法96条以外の改正を議論していただきたいと考えます。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 自転車も一時停止 | トップページ | 資産バブル? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/57296876

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法96条:

« 自転車も一時停止 | トップページ | 資産バブル? »