« 現政権はエネルギー政策の展望を | トップページ | 傘を使ったほうがいいですよ »

障害者雇用納付金制度の概要

常時雇用する労働者が200人を超える事業主は、納付金の申告が必要です。
(法定雇用率を達成している場合も、申告が必要です。)

雇用障害者数が法定雇用障害者数を下回っている場合は、申告とともに障害者雇用納付金の納付が必要です。

法定雇用率を上回る場合は、申請に基づき障害者雇用調整金が支給されます。

障害者雇用納付金制度については、独立行政法人高齢・障害・求職者支援機構のWebサイトに説明があります。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 現政権はエネルギー政策の展望を | トップページ | 傘を使ったほうがいいですよ »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/56941387

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者雇用納付金制度の概要:

« 現政権はエネルギー政策の展望を | トップページ | 傘を使ったほうがいいですよ »