« 解雇制限の緩和 | トップページ | 障害者雇用納付金制度の概要 »

現政権はエネルギー政策の展望を

東日本大震災から2年が経過した。
今日は各地で追悼の催しが行われているようだ。

復興・再建についてはさまざまな状況があると伝えられているが、私が一番気に掛かるのは原発関連のことである。

被ばくの危険のために自宅に戻れない人が、なんと多いことか。

事故収束のために作業を続ける人が、なんと危険なことか。

核燃料の冷却水により増え続ける汚染水の、なんと多いことか。

原発の危険性を認識し、原発を減らすという世論の高まりがあったのに、政権交代後は小さくなってしまった気がする。

処分の方法がなく、ためこんでいる使用済み燃料をどうするのか。

今ある原発を使い続けることですら難しくなっているのに、現政権はエネルギー政策の展望を示していないと思う。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 解雇制限の緩和 | トップページ | 障害者雇用納付金制度の概要 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/56934375

この記事へのトラックバック一覧です: 現政権はエネルギー政策の展望を:

« 解雇制限の緩和 | トップページ | 障害者雇用納付金制度の概要 »