« 労働契約法の改正を学びましょう | トップページ | 七五三現象 »

一票の格差

昨年12月に行われた衆議院議員選挙を無効とする判決が出ましたね。

一票の格差が言われるようになってから久しいのですが、選挙制度の変更はあっても抜本的な改革には至りませんでした。

これは、人口密度を基にした選挙区を設定すると、選挙区が広くなりすぎていろいろ支障がある、というのが改善されなかった理由なのでしょう。

しかし、本当のところは、人口密度の低い所には有力議員が多く、(支持者も含めて)恩恵を受けているからうま味を手放すわけにはいかなかった、ということではないでしょうか。

いずれにしても、裁判所の判断を待つまでもなく、改善しなければならないことです。
問題は、改善の方法です。

一票の価値を完全に等しくするのか、それとも議員定数の不均衡を小さくするのか、考え方により方法は異なるでしょう。
(例えば、(極端な話かもしれませんが)比例区と選挙区をなくして全国区のみにすれば、一票の価値は完全に等しくなります。)

また、国会議員は国民の代表のはずですが、選挙区の固有の利益のために活動している状態があります。
(これを是とするのであれば、小選挙区と中選挙区を混在させるのが、現実的でしょうか。)

ところで、一票の格差について、議員定数を減らすことと絡めて是正する考えがあることに、私は異議を唱えます。

現在の国会は、本会議で精密な議論が行われているのではありません。
委員会での審議が中心です。

複雑・多様化した問題に取り組むために、専門的に委員会を設けて審議しているのです。

各議院の定数が少なくなると、委員会を構成する議員数も少なくなり、充分な討議が行われなくなるのではと危惧します。

議員の数を減らすということであれば、衆議院と参議院を一つ(一院制)にして、委員会制度に支障のない適正な規模まで減らすのがよいと考えます。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 労働契約法の改正を学びましょう | トップページ | 七五三現象 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/57043018

この記事へのトラックバック一覧です: 一票の格差:

« 労働契約法の改正を学びましょう | トップページ | 七五三現象 »