« 国民の総意とは異なる場合も多くなる | トップページ | お悩み・お困りごとも今年の内に »

いじめた側の親の責任について厳罰化すべき

相変わらずいじめの報道がある。
(とても残念なこと。)

いじめが原因とされる自殺が報じられるようになってから、学校や行政は対策を講じてきたはず。

にもかかわらず、自殺に至ってしまうのはなぜだろうか。
(子どもの命を救うことができないというのが、なんとも嘆かわしい。)

いじめが発覚しても、大してペナルティが課せられないという実態があるのではと考えてしまう。
(ペナルティを課す側(学校・行政)は、事実認定に自信がなく、実行に躊躇してしまうのではないか。)

以前も同じようなことを書いた記憶があるが、いじめは犯罪なのだから、調査や処分を学校が行うというのは無理なのだと考える。
(調査を拒否された場合の対応が困難。犯罪として警察が直ちに対応すべきものであると考える。)

学校はいじめを申し出た子どもに対して、速やかに退避できる場所(教育を受け続けられる環境)を提供しなければならない。

そして、いじめを行った子どもの親の責任も、とても重大である。
(しかし、ほとんど報道がないように感じる。)

親の責任について、しっかりと具体化・明文化し、厳罰化すべきではないだろうか。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 国民の総意とは異なる場合も多くなる | トップページ | お悩み・お困りごとも今年の内に »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/56356410

この記事へのトラックバック一覧です: いじめた側の親の責任について厳罰化すべき:

« 国民の総意とは異なる場合も多くなる | トップページ | お悩み・お困りごとも今年の内に »