« 続 よく分からないものを使う | トップページ | 異なる考え方の人が集まっても長続きしない »

労働審判制度の特徴

個別労働関係紛争の解決方法として、労働審判制度が定着してきました。
改めて労働審判制度の特徴を述べます。

(1) 個別労働関係紛争が対象である
事業主と個々の労働者とのトラブルが対象です。

(2) 迅速な審理
原則として3回以内の期日で審理を終了させます。

(3) 労働審判員
裁判官である労働審判官と労働関係の知識・経験を有する労働審判員2名が手続きを進めます。

(4) 調停
話し合いによる解決を目指して調停が行われ、調停が合意に至らない場合は労働審判が行われます。

あっせんや民事調停と異なるのは、双方の意見が一致しなくても、労働審判という判断が下されるという点です。
(訴訟よりも書類作成が簡単ですから、労働者にも利用しやすい制度だと思います。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 続 よく分からないものを使う | トップページ | 異なる考え方の人が集まっても長続きしない »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/56025954

この記事へのトラックバック一覧です: 労働審判制度の特徴:

« 続 よく分からないものを使う | トップページ | 異なる考え方の人が集まっても長続きしない »