« 言っても分からない人 | トップページ | 内閣改造 »

厚生年金基金

まあ、こうなる運命だろうと思ってはいましたが、厚生年金基金を廃止する方針となったようです。

金融商品の運用に苦労する時代に、存続させることは無理だったということです。

以前は、会社に厚生年金基金があるというのは、就職を検討するときに魅力となっていたのは事実です。
(老後のことを考えますからね。)

ますます会社が当てにならなくなってきた、ということでもあります。

しかし、廃止に伴う処理をどのような方法とするのか、理解が得られるのでしょうか。
(お金が足りないから廃止するのですが、負担はどうなりますかね。)

また、他の制度への移行というのも、技術的な苦労があると思いますよ。
(国が積極的に関与するのでしょうか。)

私としては、「公的年金制度を職業に関係なく一つにしてほしい」というのが希望ですから、「企業年金は自己責任の範囲で納まるものにしてください」という考えです。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 言っても分からない人 | トップページ | 内閣改造 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/55763573

この記事へのトラックバック一覧です: 厚生年金基金:

« 言っても分からない人 | トップページ | 内閣改造 »